聴音はちょっと得意です

白井です。

昨日、自分は音痴だと書いてしまい、「社長が音痴の音楽事務所なんて大丈夫かよ!」って言われてしまいかねないので、自分自身をフォローしておきます。

頭の中で鳴っている音を声に出すのは苦手ですが、聞いた音を楽譜に起こすのは結構得意です。
俗にいう「耳コピ」というものですね。

このような、聞いた音を楽譜に書くことを「聴音」と言いまして、音楽大学の入学試験にも「聴音」のテストがあります。(厳密には音だけではなく、リズムや休符も聞き分けて楽譜に記します)

専攻する楽器によって得意不得意はありますので、専攻楽器によって採点がゆるかったり厳しかったりします。

とくに指揮科が一番採点が厳しいかと思います。(作曲科もかな?)

ピアノを長年やっていると、大抵は得意になるのかなと思います。

自分自身をフォローするネタとしては、楽譜が売られていない曲目の演奏の依頼があった場合、私自身がYouTubeなどで音楽を聞いて楽譜に起こすこともしばしばあります。

かなり以前に「マツコの知らない世界」の仕事をさせていただいた際にも、番組テーマ曲をオーケストラで演奏してほしいというオーダーが入り、YouTubeで聞いて使われている音を書き出し、オーケストラの楽譜に書き直しました。

苦労して作った楽譜ですが、番組中ではほんのちょっとしか使われませんでしたが。
テレビなので仕方がないですね。

でも、こういう作業は嫌いではないので、またあんな大掛かりな編曲をやってみたいものです。

オーダーをお待ちしていますm(._.)m
(ちなみに、昨年のポケットモンスターのゲーム音楽のオーケストラ譜づくりは、作曲家にお願いしました。)

関連記事

  1. 大束晋
  2. ヘンデル

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP