ピアノの鍵盤の材料

白井です。
今年も半年が過ぎ、一年の折り返しの日となりました。

この半年間、コロナとはいえ色々な出来事がありました。
残り半年も楽しく頑張って参りたいと思います。

昨夜、久々に自宅のピアノを触ってみました。
本当に久々です。

もう30年くらい経つヤマハの「C5」というグランドピアノです。

改めてしげしげと鍵盤を見てみると、白鍵が結構黄ばんでいます。
そこで、この白鍵は何でできているんだろう?とふと思いました。

昔は白鍵は象牙が貼ってあり、黒鍵は黒檀でしたが、30年前は既に象牙を使うことができなかったはずですので、象牙ではないかと思います。

朝からネットで「ヤマハ C5 白鍵 材料」と検索してみましたら、情報がありました!

白鍵はニューアイボリーという材料で、黒鍵は黒檀調天然木という材料だそうです。

ニューアイボリーって何で出来ているのかはよく分かりませんが、私はこの鍵盤結構好きです。

象牙にかなり近いタッチ感がありますし、年月が経つと汗などを吸って黄ばんでくるのも象牙っぽいし。

よく使う真ん中の方がとくに黄ばんでいるので、昔は少しは一生懸命練習してたんだな…という歴史をうかがうこともできます。

弾いてみたい曲も何曲かありますので、またちょっと練習してみようかなーなんて思いながら、次にピアノに触るのは数ヶ月後のような気がします。

関連記事

  1. ポケモン剣盾オーケストラ演奏
  2. フジテレビ アンビリバボー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP