そう言えば楽器工場の無響室に行ったことがありました。

白井です。

昨日、藤原新治さんの演奏会で使用されていた河合楽器の最高峰グランドピアノ「Shigeru Kawai」についてTiwtterでもつぶやいたところ、河合楽器さんの公式アカウントから「いいね」をいただいたので、調子に乗って河合楽器さんについて書きます。

というか、思い出したことですね。

大学生の頃、選択授業で「楽器学」というのを取っていまして、楽器工場見学で河合楽器さんに行ったのを思い出しました。
もう30年ほど前のお話です。

私たち学生にとっては楽器工場見学というのは名ばかりで、1泊2日の楽しい楽しい旅行でした。

楽器工場見学の中で今でもはっきりと覚えているのが、工場内の「無響室」です。

「無響室」とは読んで字の如く、全く響きの無い部屋のことです。
以下のサイトでその部屋の写真を見つけましたので、興味のある方はご覧になってください。
https://www.shigerukawai.jp/factory/

この部屋は、入った瞬間に普通ではないことが分かります。
どんな感じだったのかはもう30年ほど前なのではっきりとは覚えていませんが、喋っても自分の声が飛んでいかないですし、聞こえてくる音が異常ですし、恐らく長時間居たら気が狂いそうになるような感じの部屋だったかと記憶しています。

反響音がない世界は、かなり気持ちが悪いものです。

河合楽器では、この「無響室」で、ピアノが発する純粋な音だけを測定し、ピアノ作りに生かしているそうです。

良いピアノを作るためにここまでやるのか!と感心したものです。

ちなみにその工場見学では、河合楽器でしか製造していないクリスタルピアノも見た覚えがあります。透明なピアノですね。

このクリスタルピアノは調べてみたところ、1971年に誕生したそうです。
私の生まれ年も同じく1971年!
いやー、親近感が沸きますねー。

30年ほど前のお話しではありますが、今となっては貴重な体験や貴重な楽器を見せていただいた河合楽器さんには、改めて感謝いたします。
またTiwtterなどで絡んでください!笑

演奏家募集中

日本全国よりフルート奏者さん、バイオリン奏者さん、チェロ奏者さんを募集中です。
グループ会社での募集です。
https://www.kreis.co.jp/boshu/

どうぞお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 南牧川

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP