“からたちの花”のピアノ独奏曲

白井です。
昨日今日と暑かったですね。

1886年の今日は、山田耕筰さんのお誕生日だそうです。
山田耕筰さんは日本人なら誰でも知っている作曲家ではないでしょうか。

仮に名前は知らなくても、「赤とんぼ」「待ちぼうけ」「ペチカ」「からたちの花」「この道」などのいずれかは歌ったことがあるのではないでしょうか。

歌曲である「からたちの花」は、実はピアノ独奏用に山田耕筰さん自身が編曲したものがあります。

このピアノ独奏の「からたちの花」の存在を知ったのは高校生の頃で、NHKで小山実稚恵さん(確か)が演奏しているのを見て知りました。

弾いてみたいなと思い楽譜を探してみると、残念ながら絶版でした。
絶版なら古本だ!と思い、神保町の古賀書店にまで足を運びましたが、やはりありませんでした。
無いと分かると余計に欲しくなるもので、結構必死に探しました。
そうしたところ、埼玉県で一番頭の良い高校に通っている友人がたまたま学校の図書室で見つけて借りてきてくれて、その楽譜をこれまた必死で手書きで写し取りました。
弾いてみたいという執念ですね笑

今は本当に便利な時代で、ネットでちょっと調べたら出て参りました。
http://www.craftone.co.jp/yamada_k/KYC_001.html

すぐに買おうと思って「購入」ボタンを押したら、支払い方法のところに「楽天銀行の口座が必要です」というよく分からないことが書いてあるので、まだ購入していません。
詳しく調べて、購入したいと思います。

それにしても、当時はあれだけ必死に探していた楽譜が一瞬で見つかるなんて、便利な時代になったものですね。
今では著作の切れた楽譜は無料で手に入ってしまいますし。
そういう意味では、いい時代ですね!

関連記事

  1. 雅楽の演奏

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP