食と酒と音楽はセットです

白井です。
昨夜は酒豪の女性ピアニストとオンラインミーティングを行いました。
私からの相談事など色々と話をさせていただき、かれこれ1時間半くらいは話していたかと思います。

その酒豪女性ピアニストは、昨年「ワインエキスパート」の資格を取得し、今年はワインエキスパートの日本酒版の資格(資格名を聞くの忘れました)取得を目指しているそうです。
色々と話しているとどんどん楽しいことが頭に浮かんで来まして、もともと私自身が観光分野にも興味があるので、国内のワイナリーを巡ってワインエキスパートからワインのうんちくを聞き、ピアニストでもあるワインエキスパートによる「そのワインに合う曲目」の演奏をその場で聞いてしまう…なんていうツアーを組めたら面白いよね!という話で大盛り上がりでした。
そして、もし日本酒の資格が取れれば、今度は日本酒ツアーも組めるし、それはそれは楽しいツアーになることでしょう。美味しいお酒を飲み、いい音楽を聞き、地のものの美味しいつまみを堪能する…ぜひ実現したいです。

もし日本酒ツアーが実現したら、個人的に高知県には行ってみたいです。
これまた酒豪の高知県出身のソプラノ歌手さんから、「白井さん、高知県はお酒がとても美味しいから飲んでみて」ということでいただいた「美丈夫(びじょうふ)」というお酒がまあ美味しいこと。
そんなに種類は飲んだことはありませんが、美丈夫の「鄙(ひな)」というお酒が大好きなんです。
実店舗ではなかなか売っていませんが、銀座にある高知県のアンテナショップで以前見つけて買った覚えがあります。今でも売ってるのかな??
見つけたら絶対に買いたいお酒です。(ちなみにスマホの待ち受け画面も美丈夫です。)

でもダイエット中につき、日本酒は当分お預けです。
今日も焼酎を飲むことにします。

関連記事

  1. 杉山奈緒子 トロンボーン奏者

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP