自分の葬儀で流す曲

白井です。
昨日の宣言どおり、昼間は念願のカレーライスを食べました!
もともと朝は食べず、それに加えて晩ご飯抜きを続けているので、最近は1日1食のことが多いです。
1日1食も慣れると平気なもんですね。

今日は運転しながらモーツァルトのレクイエムを聴いていました。やっぱりいい曲です。
以前にこのブログで、自分が死んだ時に葬儀で流してほしい音楽としてフォーレのレクイエム…とくに「Pie Jesu」がいいなんてことを書いた記憶がありますが、今日モーツァルトのレクイエムを聴いていて、やっぱり自分が一番好きなレクイエムはモーツァルトなのかなーなんて思いました。学生時代には、落ち込んだときに必ず聴いていた音楽でもあります。
やっぱりモーツァルトはいいですね。オペラが好きになったきっかけも、モーツァルトのドン・ジョヴァンニでしたし。

ヴェルディもプッチーニもワーグナーも、それぞれ素晴らしいし大好きなんですが、モーツァルトがあの時代に作曲したドン・ジョヴァンニの、とくに最後のバスの三重唱は、モーツァルトより後の時代に作曲されたどのオペラよりも迫力があり圧倒されます。やっぱり天才ですね。

決めた!自分の葬儀ではモーツァルトのレクイエムをメインとします。
そして出棺はもちろん「盆回り」。

関連記事

  1. とんかつ檍

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP