老眼です

白井です。
関東は小雨の降る肌寒い1日でした。
でも春はもうすぐ。
花粉症は絶好調です。

購入した楽譜が届き、内容はとても良かったのですが全部で12ページもあり、両手を使って演奏しているピアニストが演奏しながら譜めくりするには無理のある楽譜だったので、打ち込みしなおしました。
12ページを4ページに縮めました。

打ち込みをしながら、ピアニスト目線で作った伴奏譜って売れるんじゃないの?って思いました。
やってみようとは思いませんが笑

老眼のため、最近は楽譜の打ち込みにも苦労しています。
そういえば、実際にピアノを弾くのにも苦労するようになりました。
鍵盤と楽譜を交互に見ながら弾く場合、鍵盤から楽譜に目を移すと焦点が合わず楽譜がよく見えないんです。
年齢を重ねたピアニストさんって、どういう工夫をしているんでしょうか?
年をとってもいいのですが、目だけは老いないでほしいものですね。

関連記事

  1. 楽器も暑さと湿度は大敵

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP