日本語堪能アメリカ人 VS 日本語堪能イギリス人

白井です。

先日、世界的なメディア関連のレコーディングを行なったと書いたかと思いますが、その件に関し引き続き、当初ご連絡をくださいったアメリカ人のJさんとはメールでのやりとりが続いています。

Jさんは日本語も日本語の文章も、どちらもとてもお上手で、100%理解できます。
外国人でここまできれいな日本語の文章を書ける人は初めてです。

そしてスタジオに機材を持ち込み、録音を担当してくれたのは、イギリス人のNさん。
この方も日本語が堪能でした。

そのイギリス人のNさんからも昨日メールが届き、これまたきちんとした日本語の文章でした。
お二人とも本当に凄い。

レコーディング時、アメリカ人日本語堪能Jさんと、イギリス人日本語堪能Nさんとの会話は、それだけを録音したいくらい面白いものでした。

お互いに日本語で話している中で時折英語になり、「イギリス人の英語は分かんないよ」と日本語で文句を言う(もちろん冗談で)Jさんは、つまらないお笑いを見ているより笑えました。

笑いの絶えない中で行った雅楽のレコーディングですが、番組ではどんな風になっているのかがとても楽しみです。
10月くらい放映だそうですので、また日程が分かりましたら告知します。

関連記事

  1. 南牧川

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP