手書きの楽譜

白井です。

ちょっと理由があり、ルイ・シュポアが作曲したバイオリンとハープの協奏曲の楽譜を探しています。

ペトルッチで探してみると、あるにはあったのですが、作曲家ご本人の自筆譜のような手書きの楽譜しかありませんでした。

国立国会図書館のデータベースでも検索してみましたが、やはりありませんでした。
日本では出版されていないようです。

どこをどう探しても見つからず、海外で売られているのかも不明です。

情報がありましたら、ぜひお知らせください!

とりあえず手書きの譜面をFinaleで自分で浄書してみようかとも思いましたが、とにかく手書きの譜面が見辛くて、その自信もありません。

それにしても、昔の人はこの譜面でよく演奏できたものだなと感心します。

きれいなオタマジャクシを見慣れてしまうと、手書きはとても見辛いものですね…。

関連記事

  1. フジテレビ アンビリバボー

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP