小中学校の音楽教育について

白井です。

今年で20歳になる娘の中学生の頃のお話ですが、冬休みの音楽の宿題で、ベートーヴェンの第九を聴いて感想を書くというものがありました。

何書けばいいんだろう?と相談されたのですが、相談された私も何を書けばいいんだろう?と、中学生の娘と同じことを思いました。

ですので、まずは聴いてみて、良かったら「良かった」つまらなかったら「つまらなかった」とひとこと書けば?と言ったところ、渡された用紙にびっしりと書かなければならないんだと…。

はたして中学生に何を求めているんだろう?と、とても不思議に思ったものです。好きな音楽ならいくらでも感想を書けるのでしょうが、課題として与えられた音楽に対する感想を長々と書くというのは、大人でも大変だと思います。

私の正直な意見として、こういうことも含め、意味なく難しい課題を与えるからこそ、クラシック音楽はつまらない…だとか難しい…だとかを小さい頃に植えつけてしまい、結果的には敬遠されてしまうのではないかと思っています。

このような音楽教育であれば、私は小中学校の音楽教育は無くてもいいと思っています。
もしくは、体育と図工と音楽を選択にしてしまい、出たい授業にでるとか。

今日は書くネタがないので、ちょっと尖ったことを書いてみました。
でも私の本音です。

演奏家募集中

日本全国よりフルート奏者さん、バイオリン奏者さん、チェロ奏者さんを募集中です。
グループ会社での募集です。
https://www.kreis.co.jp/boshu/

どうぞお気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. 楽器も暑さと湿度は大敵
  2. 音楽葬取材

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


PAGE TOP