結城奈央 【ピアノ】


福島県福島市出身。
2歳より母のもとでピアノを始める。
東京藝術大学音楽学部器楽科卒業後、渡独。
国立ベルリン音楽大学ハンス・アイスラーを最高得点で卒業。ディプロマ取得。
2008年、ヨーロッパヤマハ事業団による「ドイツ国内音楽大学生のための奨学金コンクール」にて奨学生に選ばれ、奨学金を授与される。
2009年、第18回カルレット国際ピアノコンクール(スペイン)優勝。
2010年、第17回ブラームス国際コンクール(オーストリア)ピアノ部門優勝。
留学中、室内楽パートナーと共に世界的ヴァイオリニストであるイヴリー・ギトリス氏のマスタークラスを受講。修了コンサートに選ばれ、Konzerthaus Berlinでの演奏機会を得る。

また、現代音楽講座や現代音楽コンサートにも出演し、イスラエル人作曲家ロン・イェディディア氏のピアノソナタ第3番“Outcries”を日本で初演した。
東京藝術大学卒業後、本格的に演奏活動を開始し、2008年より故郷福島で”室内楽コンサートシリーズ”を定期的に開催中。2014年秋には、復興支援も兼ねて福島市の小・中学校、高等学校の合唱部とのジョイントコンサートを開催した。
2010年、ベルリン・スタインウェイハウスでリサイタルを開催、その後帰国記念リサイタルを福島・東京・仙台で開催し、いずれも好評を博す。
2011年、第21回福島市古関裕而記念音楽祭において、2012年、「ふくしま文化の光フェスティバル」(福島県・福島県教育委員会主催)においてゲストとして招かれ演奏する。

東日本大震災後、復興支援として東京で定期的にチャリティーコンサートを行い、売上金を福島市に寄付する他、兵庫・宮崎に招待され復興支援リサイタルを開催。宮崎では300席のホールが満席となり、ニュースでも取り上げられた。
これまで日本・ドイツ・スペイン・ニュージーランドにおいてソロリサイタル・ピアノコンチェルト・室内楽コンサートを開催。
ピアノを手塚真人、田邊融、故三浦洋一、岡野寿子、佐藤俊の各氏に、室内楽を岡山潔、コンラート・リヒターの両氏に、歌曲伴奏法をコンラート・リヒター氏に師事。
ベルリン音楽大学にて、ピアノ・室内楽をミヒャエル・エンドレス、ガブリエレ・クプファーナーゲル、シュテファン・ピカーの各氏に、歌曲伴奏法をヴォルフラム・リーガー氏に師事。

アヴィラム・ライヒェルト、ケヴィン・ケナー、ゲオルク・ザヴァ、ヘンリ・ジークフリートソンの各氏のマスタークラスを受講。
現在、演奏活動の他、各地でのレクチャーコンサートや後進の指導にも力を入れている。

テレビ朝日”お願いランキング”「1秒1000円ベストバウト~ピアノハイスピード演奏~」に出演し、完全制覇を成し遂げた。

2016年9月に福島で開催したリサイタルでライブレコーディングをした2ndアルバム「あの日のために」を同年12月に発売。作曲・編曲家の梶谷修氏の曲を収録し、東日本大震災の復興支援を兼ねたCDになっている。5年経ったからこそ演奏出来る曲が収録されている。


同カテゴリー奏者

  1. 朴 琴香 【ピアノ】

    第1回スーパークラッシックオーディション決勝大会特別賞(ピアノシュロス賞)及び副賞にて、「新しいピアノコンチェルトとの出逢 い」東京公演にてポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と共演。第3回横浜国際音楽コンクール第1位。奨学生としてパリ・エコールノルマル音楽院に入学。同 音楽院にて審査員満場一致の上位成績でディプロマ取得。

  2. 浅川真衣 【ピアノ】

    6歳より桐朋学園大学付属子供のための音楽教室に入室、ピアノを始める。15歳最優秀で修了。 06年東京国際フォーラム主催(フジテレビ共催)音楽コンクールにおいて第一位、併せて 「熱狂の日」音楽祭賞受賞。「のだめ」に最も近いピアニストとして各新聞、雑誌モーストリークラシックなどにとりあげられる。

  3. 藤本江利子 【ピアノ】

    桐朋女子高等学校音楽科・桐朋学園大学卒業。毎日学生音楽コンクール入選。 卒業後ハンガリー国立リスト音楽院にて研鑽を積み、ローマ国際ピアノコンクール”Roma 2006″第3位受賞。 2013年にはチェロの北本秀樹氏(元東京フィルハーモニー首席奏者)、尺八の藤原道山氏と共に「廣瀬量平作品連続演奏会」に出演するなど現代曲にも取り組む。

  4. 河村尚昌 【ピアノ】

    東京音楽大学卒業。2006年渡独。2008年ドイツ国立ブレーメン芸術大学芸術家養成課程卒業。最優秀の成績でディプロムを取得。引き続き同大学にて研修を積む。在学中に大学 Freundeskreis より奨学金を授与される。 第9回ヴァレリア・マルティナ国際コンクールピアノ部門第1位(イタリア)など。

  5. 藤原新治 【ピアノ】

    2010年から単身ハンガリーに渡りハンガリー国立リスト音楽院にて学ぶ。留学中ハンガリー政府より国費奨学金Stipendium Hungaricumを授与される。6年間の研鑽の後、2016年6月に同学大学院修士課程を最優等の成績で卒業。日本とハンガリー両国にまたがって音楽活動を展開している新進ピアニストである。

  6. 河野響子 【ピアノ】

    2001年桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業後、東京学芸大学大学院修士課程ピアノ専攻入学。同大学院修了後、パリ・エコールノルマル音楽院にて演奏ディプロマを取得する。 数々のコンクール受賞を経て、2005年第6回大阪国際音楽コンクール・ピアノ部門一般の部第1位、併せてプレジデント賞、大阪府知事賞を受賞する。

  7. 榊原紀保子 【ピアノ】

    鎌倉市出身。東京音楽大学ピアノ科卒業・同校研究科ピアノ伴奏者コース修了。 国内外の演奏家との共演も数多く、SUK室内オーケストラの日本ツアーにピアノ・チェンバロ奏者として同行、Talich弦楽四重奏団とは2002年・2005年と二度にわたり共演。 2007年1月、ソプラノ歌手・加藤千春とのCD「Sonorous~ソノラス~」リリース。

  8. 浅野衣美 【ピアノ】

    2008年武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。2008年より2011年までハンガリー国立リスト音楽院に留学。 第2回 国際ヤングミュージシャンコンクール”アントニオ・サリエリプライズ”第2位(1位なし、最高得点獲得)。第19回国際ピアノコンクール”ローマ2009″第2位。第3回 全日本芸術コンクール 第1位。

  9. 小部綾子 【ピアノ】

    国立音楽大学付属高等学校を経て、同大学音楽学部演奏学科鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業。その後、東京音楽大学大学院音楽研究科器楽専攻(ピアノ)修了。多 摩フレッシュ音楽コンサート2007合格。多摩フレッシュ音楽コンサート2009合格・審査員奨励賞受賞。ソロの他に声楽や器楽の伴奏も積極的に行ってい る。

  10. 松岡磨美 【ピアノ】

    4歳よりピアノをはじめ、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。 その後渡仏し、パリ地方音楽院最高過程ピアノ科卒業。 第31回町田市ピアノコンクールE部門第一位。第17回レ・スプレンデル音楽コンクール審査員賞受賞。受賞者演奏会に出演。2010年フランス国際音楽コンクール第一位。

  11. 大塚玲子 【ピアノ】

    桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業、同大学研究科修了。 チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院研究科を、ピアノの他、ロシア語、伴奏法、室内楽など最優秀の成績を取得し、修了。 第12回スクリャービン国際ピアノコンクール(パリ)優勝。

  12. 杉山真衣子 【ピアノ】

    5歳からピアノを始める。 小学校、中学校の部、共に全日本学生音楽コンクール大阪大会入賞。 桐朋女子高等学校に在学中、全日本学生音楽コンクール高校の部東京大会第2位に入選 在学中から仙台や花巻等に招かれ、数多くのコンサートに参加。

  13. 林 直美 【ピアノ】

    桐朋学園大学、ハノーファー音楽大学を優秀な成績で卒業後、ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学院、ライプツィヒ音楽大学院のソリストコースでさらに研鑽を積み、2003年ドイツ国家演奏家資格を審査員満場一致の1等賞(最優秀)で取得。 12年間に渡るドイツでの音楽活動の拠点を、2008年度より日本に移す。

  14. 山元香那子 【ピアノ】

    国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業後、同大学院音楽研究科修士課程器楽専攻修了。ウィーンでの功績が認められ、日本学生支援機構jasso優秀 学生顕彰事業文化・芸術部門奨励賞奨励金を受賞。数多くのコンクールにて優勝・入賞を果たす。“BS・日テレ日本こころの歌”コーラスグループ「フォレス タ」専属ピアニストとして出演中。

  15. 上川佳連 【ピアノ】

    埼玉県出身。大宮光陵高校音楽科、上野学園大学演奏家コース卒業。在籍時特待生。PTNAピアノコンペティション全国決勝大会金賞、北関東ピアノコンクール第1位、北本ピアノコンクール第1位。ショパン国際ピアノコンクール in Asia、埼玉ピアノコンクール、市川市新人演奏家コンクール等で入賞。

  16. 稲葉瑠奈 【ピアノ(提携)】

    東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。 在学中の2002年10月キングレコードよりデビューCD「ルス・デ・ラ・ルナ~月の光~」をリリース。 「題名のない音楽会」などの音楽番組出演や、「のだめカンタービレ」(学生時代の桃平美奈子役)などのドラマ出演。 様々なオムニバスCDもキングレコードより発売中。

  17. 大野真紀 【ピアノ】

    国立音楽大学附属中学校、高等学校を経て国立音楽大学を卒業。 その後渡欧しドイツ国立カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学(Diplom)にて研鑽を積み卒業、同大学院(Aufbaustudium)を修了する。 これまでに数々のコンクールに入賞、オーディション合格。

  18. Jumelles 【双子ピアノ連弾デュオ】

    北鎌倉女子学園中学・高等学校音楽科卒業。桐朋学園大学音楽学部CD修了。 一台のピアノで四手で弾くピアノ連弾を基本のスタイルとし、いくつかの鍵盤楽器を取り入れたピアノデュオのステージも各地で行い、クラシック音楽をもっと身近に、ピアノ連弾の魅力を伝えるべく様々なスタイルを展開。

  19. 飯田彰子 【ピアノ】

    東京音楽大学ピアノ演奏家コース、同大学大学院修了。ショパン国際ピアノコンクールin Asiaアジア大会一般部門金賞受賞など数々のコンクールに入賞。2012年ファイザー製薬「愛では、タバコはやめられない?」通院編、CMのBGMピア ノ演奏。2013年NHK‐FM  FMシアターにてピアノ演奏出演。

  20. 浅川真己子 【ピアノ】

    桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。 ショパン国際フェスティバル「ショパンフェスティバル」第1位、ショパン賞及び特別賞受賞をはじめ数々のコンクールに入賞。 第3回浜松国際ピアノアカデミーを中村紘子音楽監督のもと修了、第15回横浜市招待国際ピアノ演奏会オーディションに合格。

ページ上部へ戻る