大塚博章 【バス】


玉川大学芸術学科音楽専攻卒業。
二期会オペラストゥーディオプロフェッショナルコース修了。
第5回日本クラシック音楽コンクール最高位。
第42回日伊声楽コンコルソ第3位。
平成18年文化庁派遣芸術家在外研修員としてドイツ・ミュンヘンに留学。
ヴォルフガング・ブレンデル、オスカー・ヒッレブラント各氏に指導を受ける。

「魔笛」ザラストロでオペラデビュー後、「フィガロの結婚」フィガロ、「ナブッコ」ザッカリア、「アイーダ」ランフィス、「カルメン」エスカミーリ オ、 「ボエーム」コッリーネなど、最近では新日本フィルの定期公演でクリスチャン・アルミンク指揮「薔薇の騎士」に警部役、青島広志演出による「魔笛」ザラス トロ役、ウリ・セガル指揮によるリゲティ「グラン・マカブル」アストラダモルス役、あらかわバイロイト音楽祭ではクリスチャン・ハンマー指揮、シュテフェ ン・ピオンテック演出によるワーグナー「パルシファル」にて難役グルネマンツで出演し、いずれも高評を得る。

びわ湖ホールプロデュースオペラでは、若杉弘総監督の指揮で「エルナーニ」ヤーゴ、「シチリア島の夕べの祈り」プローチダ、「十字軍のロンバルディア人」ピッロに出演。
プローチダでは新聞各紙より高評を得る。

二期会本公演では、ペーター・コンビチュニー演出「皇帝ティトの慈悲」、「魔笛(武士役)」、「椿姫」、「ジャンニ・スキッキ」、「魔笛(ザラストロ役)」、「蝶々婦人」、「ドン・ジョヴァンニ」、「トゥーランドット」、「パルジファル」に出演。

新国立劇場では「サロメ」、「黒船」、「ペレアスとメリザンド」、「トスカ」、「カルメン」に出演。

世界的指揮者、ヴラディーミル・アシュケナージ指揮によるEUユースオーケストラの日本公演ではリムスキー=コルサコフ作曲のオペラ「不死身のカシュチェイ」に唯一の日本人キャストとして出演し高評を得る。

06年、日本・フィリッピンの国交回復50周年を記念したコンサート「マダム・バタフライ」に出演するほか、麻生太郎外務大臣(当時)の出席する国交回復記念式典にて国歌を独唱。

コンサートでは日本各地でベートヴェン「第9」「荘厳ミサ」、モーツァルト「レクイエム」、ヘンデル「メサイア」、ハイドン「天地創造」などに出演。

ヨーロッパではミュンヘンでフィルハーモニー・ダカーポのモーツァルト「ミサ・ブレビスKV192」やバッハ「クリスマス・オラトリオ」に出演し高評を得る。

二期会会員。

R.ワーグナー作曲:ニュルンベルクのマイスタージンガーより

大塚博章(バス) リサイタル(日本声楽家協会独演コンサート)より


同カテゴリー奏者

  1. 湯浅桃子 【ソプラノ】

    東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院音楽研究科オペラ専攻修士課程修了。 第55回全日本学生音楽コンクール声楽部門大学・一般の部第一位。 日本放送 協会賞ならびに都築音楽賞を受賞。同コンクールがきっかけとなり『フレッシュ・アーティスト from ヨコスカ』に推薦される。

  2. 上本訓久【テノール】

    洗足学園音楽大学、同大学大学院を共に首席で修了。イタリアのナポリに渡り、国立サレルノG.マルトゥッチ音楽院に入学し、E.カペーチェのもとで研鑽を積む。ナポリに於いて、カンピ・フレグレイ国際声楽コンクールで第一位になったのを皮切りにカゼルタ劇場や国立チマローザ音楽院の演奏会に出演。帰国後、ポッリオーネ、アフレード、マンリーコ、リッカルド、ラダメス、ホセ、トゥリッドゥ、カニオ、ロドルフォ、カヴァラドッシ、ピンカートン等主にイタリアオペラに出演。

  3. 山田藍里 【メゾ・ソプラノ】

    第14回大阪国際音楽コンクール・声楽部門・歌曲コース「エスポアール賞」を最年少で受賞。 第16回万里の長城杯国際音楽コンクール・声楽部門・大学の部 第1位(2位なし)。及び全部門より「審査員特別賞」を受賞。 第10回ルーマニア国際音楽コンクール・声楽部門「最高位」第2位(1位該当者なし)を最年 少で受賞。

  4. 小林祐太郎【テノール】

    国立音楽大学音楽学部声楽学科卒業。同大学院音楽研究科声楽専攻修了。 イタリア・ミラノ音楽院に留学。(92~93年) 文化庁派遣芸術家在外研修員に選抜され再度イタリアに学ぶ。(98~99年) 二期会会員。

  5. 秦 貴美子 【ソプラノ】

    東京藝術大学音楽学部声楽科卒業、同大学院修士課程オペラ科修了。 1997年渡米。チェコ・スロヴァキア国際声楽コンクールをはじめ数々のコンクールに入 賞。 日本国内での数多くのオペラ出演はもちろんのこと、海外での演奏活動も豊富で、2005年大相撲ラスベガス公演では、日本国歌斉唱に抜擢された。

  6. 森 薫 【ソプラノ】

    武蔵野音楽大学大学院修了。 ロータリー財団国際親善奨学生としてミラノ音楽院へ留学。 W.マテウッツィ氏による声楽マスタークラス(イタリア)修了。 長崎出島音楽祭マスタークラス修了。最優秀者として演奏。

  7. 小野美穂子 【メゾ・ソプラノ】

    東京学芸大学教育学部音楽科を経て東京藝術大学声楽科に学ぶ。 第4回クラシック音楽コンクール第3位。 モーツアルト「魔笛」、プッチーニ「蝶々夫人」、仙道作三「源氏物語」などに出演。 二期会会員。

  8. 中村祐哉【テノール】

    玉川大学芸術学部卒業。学内で、平成21年度、22年度、優秀学生賞受賞。 東京二期会58期マスタークラス修了。優秀生徒による心身の夕べに出演。 第65回全日本学生音楽コンクール東京大会入選。(主催 毎日新聞社) これまでに市川和彦、腰越満美の両氏に師事。 東京二期会会員。東京室内歌劇場会員。

  9. 吉留倫太郎 【バリトン】

    東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。同大学院修士課程音楽研究科(ソロ)修了。 卒業時に松田トシ賞、アカンサス賞を受賞。 高校在学中より多くのコンクールで 優勝、入賞を果たす。 福岡県音楽コンクール、1位。瀧廉太郎記念音楽祭、優秀賞。全日本学生音楽コンクール、2位。ソレイユ音楽コンクール1位。イタリア 声楽コンコルソ、入選。

  10. 加藤千春【ソプラノ】

    東京芸術大学声楽科卒業後、同大学院修士課程オペラ科修了。 二期会オペラスタジオにて学び、修了時に成績優秀賞を受賞。 1996年より渡英、2003年1月に帰国。 トゥリニティ音楽院に学び、首席で卒業。 二期会会員。横浜シティオペラ会員。

  11. 青木寛子 【ソプラノ】

    武蔵野音楽大学卒業、同大学大学院首席修了。 サントリーレインボー21デビューコンサート2009に出演。 平成23年、初のソロ・サロンコンサートを開催。 第16回日本モーツァルト音楽コンクール声楽部門入選。 サロンコンサートや演奏会など、幅広い演奏活動を行なっている。

  12. 井上 奏 【ソプラノ】

    武蔵野音楽大学音楽学部声楽学科卒業、同大学院修了。 第47回日伊声楽コンコルソ入選。練馬区演奏家協会レクチャーコンサート モーツァルト「ドン・ジョヴァンニ」ドンナ・アンナ役、「コジ・ファン・トゥッテ」フィオルディリージ役、プッチーニ「トゥーランドット」リュー役にて出 演。 日伊音楽協会会員。

  13. 畠山 茂 【バス・バリトン】

    東京芸術大学音楽学部声楽科卒業。同大学大学院オペラ科修士課程修了。 二期会オペラスタジオ第38期マスタークラス修了、修了時に優秀賞受賞。 数多くのオペラに出演。 青島広志作曲「須賀原洋行の4コマ漫画による掌編オペラ『非存在病理学入門』」に初演から企画兼出演者として参加。 二期会会員。日本声楽アカデミー会員。

  14. 杉下友季子【ソプラノ】

    武蔵野音楽大学卒業、二期会オペラスタジオ修了。 二期会、埼玉オペラ協会会員。 2004年2月ハンガリー及びウィーンにてハンガリーのオーケストラとの競演。 三池弘美、平野忠彦、C.N.ウェルシュの各氏に師事。

  15. 二戸敦子 【ソプラノ】

    東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。 ’86年~イタリア歌曲、アリアを中心としたリサイタルを12回開催。 ’06年11月、デビュー20周年のリサイタルを現代を代表する作曲家で案内人としても著名な青島広志氏とともに開催。

  16. 志摩大喜【テノール】

    東京藝術大学声楽科卒業。 二期会オペラ研修所マスタークラスおよびプロフェッショナルコース修了。 イタリア、ミラノおよびピアチェンツァに留学しG.ニコ リーニ国立音楽院をディプロマを取得して卒業。 数多くのオペラ出演のほか、08年よりテノールリサイタルを毎年5月に開催している。 二期会会員。

ページ上部へ戻る