石原雄介 【ウッドベース】


14歳でエレクトリックベースを始め、19歳でウッドベースを始める。
1997年にバークリー音楽大学の奨学金オーディションに合格し、翌年に渡米、同大学に入学する。

入学後は学内トップレベルのアンサンブルやビッグバンドに在籍し、様々な国のミュージシャンと共演を重ねる。
2001年に学内最優秀プレイヤーに贈られる Elvin Jones Award を受賞する。
2002年、優秀な成績を修め、同大学を卒業する。
また在学中より有名ジャズクラブにレギュラーベーシストとして出演し、卒業後もボストンを拠点にプロベーシストとして演奏活動を行う。

2003年に帰国後、都内を中心に、自身のリーダーグループやサポート演奏など、ジャズをメインとした音楽活動を行う。
また、近年クラシック奏者としての活動も並行して行い、2009年TIAAフィルハーモニー管弦楽団に入団する。

人間味溢れるプレイを得意とし、生み出される力強いビートとグルーヴは、共演者から多くの信頼を集めている。

【石原雄介よりメッセージ】

はじめまして、ウッドベースの石原雄介です。
ベースは音楽のハーモニー、リズムの要です。
私はジャズを中心に演奏しますが、この楽器はクラシックはもちろん、ポピュラー音楽まで幅広く、どのジャンルにも欠かせない楽器です。

ベースを始めたきっかけは中学一年生の時に友達にバンドやろうと誘われたからです。
小さい頃から音楽を聴いて育ったわけではないのですが、実際にやってみると本当に面白く、すぐに音楽の虜になりました。
最初はドラムをやりましたが、一年ぐらいで低音の魅力に取り付かれてエレキベースに転向しました。
専門学校時代にウッドベースを始めてからはジャズにどっぷり浸かりました。
ジャズの本場で勉強したくて卒業後はアメリカのバークリー音楽大学に入学しました。

留学時代に大変だった事は、何と言っても言葉の壁です。
全く英語が話せないのに、憧れと勢いだけで留学したので、最初の半年は苦労しました。
一年ぐらいでやっと日常生活に支障がない程度の英語力は付きましたが、それでもなかなか突っ込んだことは会話できませんでした。
留学する前にもっと勉強しておけばよかったと後悔しました。

楽しかったことは良い音楽をたくさん聴けたことです。
一流のミュージシャンの演奏をたくさん聴くことができました。
ジャズではRay Brown Trio、クラシックではボストン交響楽団の演奏会によく行きました。
学生は格安でチケットを入手することができ、シーズン中は週一回ぐらいコンサートに行ってました。
今考えると本当に贅沢な時間でした。
学生時代にそれらの素晴らしい音楽に触れられた事は私の貴重な財産になっています。
音楽は日々の生活を豊かにしてくれる最高の芸術です。
音楽の楽しさ、素晴らしさをベースを通じて皆様にお届けしたいと思います。


同カテゴリー奏者

  1. 上野高史 【ギター】

    大学時代にはインストラクター、演歌歌手のサポートなどで活動する。 2002年夏に奨学金を得てバークリー音楽大学に入学。 在学時に海外アーティストのCDにレコーディング参加やサポートギターとして実績を積む。 GUITARの東大講師。

  2. 三浦 穣 【サックス・フルート・クラリネット・作編曲】

    Berklee College of Music ジャズ作曲科を首席で卒業。 サックスをShannon LeClaire,Dino Govoniに、作曲をPhil Wilson、Greg Hopkinsに師事。 カーネギーホールにて、大学の日本人を中心として開催されたコンサートに出演。

  3. 中野阿貴 【ピアノ・作曲・編曲】

    渡米し、ネバダ州立大学に留学し生物化学を専攻するが、後に音楽部に学内転部する。 最初のジャズピアノ講師は、Randy Poter、後、David Akeに師事。奨学金を受けながら、同大学ジャズ科にて音楽学士を修得。 自由で創造的な世界観の表現を目指す。

  4. 中畑全代 【ドラム】

  5. 林 伸一郎 【ドラム】

    ボストンのバークリー音楽大学のサマーセミナーに参加。日本では堀越彰氏にジャズドラムを師事。田鹿雅裕氏のボーヤを経て、本格的にドラマーとしてのキャリアをスタートさせ、現在に至る。自己のトリオ、カルテットでの演奏活動の他に、首都圏を中心にライブ、コンサートにて演奏活動中。

  6. YURIE 【ジャズシンガー】

    3歳~12年間クラシックピアノのレッスンを受ける。STB139でのジャズイベントに初出演。2012年、さいたま新都心ジャズボーカルコンテスト最終 決勝進出。ラジオ・全国誌等にも取り上げられる。ポニーキャニオンアーティスツ主催ボーカルオーディションにて最終10名に選出される。

  7. 梅原由佳 【アルトサックス】

    洗足学園音楽大学ジャズコースサックス科卒業。多田誠司氏、ボブザング氏に師事。二年連続で、学内の選抜学生ビックバンドに選出され、谷口英治、中村誠一 などの一流ミュージシャンとのライブもも経験。ジャズ評論家中川ヨウ氏に抜擢され、銀座ジャズひなまつりでリーダーバンドで演奏し好評を得る。在学中に NYにジャズ留学。

  8. 太田昌宏 【ピアノ】

    玉川大学文学部芸術学科音楽専攻器楽科在学中より演奏活動を始める。 ジャズピアノを太田寛二氏に師事。 首都圏を中心にライヴハウス・ホテル・コンサートホール等での演奏活動のほか、レコーディング等も積極的に行っている。

  9. TakatoSatopi 【ジャズ・ユニット】

    上野高史(ギター)と吉原聡(バンジョー)によるユニット。 ブルーグラスやデキシーランドジャズで中心楽器のバンジョーを、クラシックの楽曲やポップ調の楽曲など、少しバンジョーでは珍しいスタイルや演奏法を取り入れ、新しいアコースティックスタイルを確立する。

  10. 旧橋 壮 【テナーサックス】

    2月14日 茨城県水戸市生まれ。 村岡健、松本英彦、両氏に師事。 01年舞鶴赤煉瓦ジャズフェスティバル最優秀賞を授賞。 02年STUDIOWEEよりアルバム「furuhashi」SW202をリリース。

  11. Quinteto Q【ジャズ・クインテット】

    クインテット・キューはサックス・フルート奏者のQ.DANIELを中心としたジャズ・クインテット。コンテンポラリージャズ、スタンダードジャズのアレ ンジ演奏の他、オリジナル曲にも積極的に取り組んでいる。リーダーのダニエル・キューは、ロンドンで生まれスペインに育ち。作曲者としてまた演奏者とし て、2010年に現メンバーとQuinteto Qを結成。

  12. 春日めぐみ 【アルトサックス】

    2006年、武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科サクソフォーン専攻卒業。 大学卒業後、ジャズサックスに興味を持つ。 2009年、国立音楽院ジャズミュージシャン科卒業。 現在もジャズを学びながら、ジャズ・バーで演奏を行っている。

  13. 中山豪人 【ピアノ・キーボード】

    大学卒業後、アンミュージックスクールに入学。 ジャズピアノを欠田芳憲氏に師事、音楽理論を井上丹氏に師事する。 同スクール在学中より、YUCCO(中ノ森バンド)他、著名なミュージシャンと共演し、自己の演奏スタイルを追及。

  14. 猪口勇哉 【エレキベース】

    フレットレス・フレッテッドの両刀使い。 ソルフェージュを村岡貞彦氏に師事。 エレキベースを松井秋彦氏(Junky Funk等)、渋谷和利氏(Orquesta De La Luz等)、鈴木淳氏に師事。 現在はコンテンポラリージャズを中心として活動中。

  15. 小夜子【バイオリン・エレキバイオリン】

    日本のジャズ・ポップスバイオリンの第一人者、中西俊博氏に師事、ジャズ、ポップスを学ぶ。BGM演奏やイベント演奏、シンガーソングライターからロックバンドまで、様々なアーティストのサポートを行う。また米米CLUB ジェームズ小野田氏のエンタテインメント・プロジェクト「J.O.PROJECT」にも参加。

  16. 木下麻里 【ジャズバイオリン】

    国立音楽大学、桐朋学園大学ディプロマコース終了。 2008年映画「櫻の園」にてヴァイオリン指導、演奏を担当。 2013年単身渡亜。タンゴ奏法をAriel Espandorio氏、Guillermo Rubino氏、Fernando・Suarez・Paz氏に師事。 2012年頃よりジャズ演奏を始め、サポート、リーダーライヴを展開。

  17. 山下ゆりの 【ピアノ】

    幼少時から祖父母の影響でジャズを聞き始める。 13歳で本格的にピアノをクラシックで始め洗足学園高等学校音楽科、ジャズコースに入学。 そこでジャズの音楽と向き合う高校生活を送り、在学中ニューヨークに音楽短期留学をする。

  18. 佐々木大輔【トランペット】

    トランペッター、作・編曲家、指揮者。 音大在学中からジャズ・ポップスに興味を持ち、卒業後は様々なセッションを経てプロ活動へ。 マクドナルド・すき家グループ・ネスレ日本・ENEOS などのレコーディングに参加。 ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!!出演。

  19. 長嶋亜蘭 【ドラム】

    アズサパシフィック大学音楽学部(ロスアンゼルス)を卒業。2010年から海外豪華客船の専属ショウバンドのドラマーとして世界中を回る。2012年のア ムステルダム号乗船時は Holland America Lineのグランドアジアクルーズ、2013年のサンプリンセス号乗船時は Princess Cruises の業界初となる日本発着クルーズを担当した。

演奏家カテゴリー

声楽
弦楽器
クラシックギター
ハープ
管楽器
ピアノ
打楽器
指揮
和楽器
和太鼓
ジャズ
フラメンコ
ハーモニカ
アコーディオン
オカリナ
パンフルート
ハワイアン
ラテン音楽
ヨーデル
二胡
音楽ユニット
作曲・編曲
オーケストラ
雅楽

ご葬儀(お葬式)での生演奏
パンフルートの販売
お問い合わせ
クライスチャンネル
facebookページ

7月
23
7:30 PM 浅野衣美・藤原新治ピアノコンサート @ 川口総合文化センター リリア「音楽ホール」
浅野衣美・藤原新治ピアノコンサート @ 川口総合文化センター リリア「音楽ホール」
7月 23 @ 7:30 PM
浅野衣美・藤原新治ピアノコンサート @ 川口総合文化センター リリア「音楽ホール」 | 川口市 | 埼玉県 | 日本
ハンガリー国立リスト音楽院修了のピアニスト2人がお送りする熱狂の2台ピアノプログラムのコンサートです。 埼玉県出身の2人にとって縁の深い川口市のリリア音楽ホールにて、初のジョイントコンサートとなります。 2人の得意とするリストはもちろん、現代作品にも意欲的に取り組みます。 それぞれのソロプログラムも必聴です。 華麗な技巧と熱い表現を是非お楽しみください。 ホルストの木星、リストのハンガリー狂詩曲第2番、有名オペラ「カルメン」をローゼンブラッドアレンジのしびれるサウンドでお届けします。 両名のソロもありの豪華プログラムです。 皆様是非お越しください。 ◆浅野衣美(ピアノ) 2008年武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。 在学中、福井直秋記念奨学生に選出。 2008年より2011年までハンガリー国立リスト音楽院に留学。 ハンガリーにてソロの他、室内楽、伴奏においても積極的に活動し、多数の演奏会に出演。 また同音楽院在学の傍ら、現地の子供への指導や、コダ―イ音楽研究所(ハンガリー、ケチケメート)のセミナーに参加する等、幼児音楽教育についても研鑽を積む。 第2回 国際ヤングミュージシャンコンクール”アントニオ・サリエリプライズ”(イタリア、レニャーゴ)第2位(1位なし、最高得点獲得)。 第19回 国際ピアノコンクール”ローマ2009″(イタリア、ローマ)第2位。 第20回 国際ヤングミュージシャンコンクール”チッタ ディ バルレッタ”(イタリア、バルレッタ)第3位。 第3回 全日本芸術コンクール 第1位。他、ソロ、室内楽、伴奏等の部門にて受賞多数。 2011年 ブダペストにて、ハンガリー国立オペラ・ファイロニ室内オーケストラと共演。 これまでにピアノをファルヴァイ・シャーンドル、ラントシュ・イシュトヴァーン、田代慎之介、本野洋子、橋口三枝子の各氏に、室内楽をバーンレービ・アンタル、デヴィッチ・シャーンドル、ボトヴァイ・カーロイの各氏に師事。 また、ヨーロッパ内の多数のセミナー、講習会に参加。 リーリャ・ジルベルシュテイン、ミハエル・ボスクレセンスキー、ミハエル・オレネフ、アレクサンダー・ロスラー、クリストファー・エルトン、ウィリアム・フォング、マルタ・グヤーシュ、ルイス・フェルナンド・ペレスの各氏の薫陶も授かる。 現在、演奏活動の傍ら、インターナショナルスクール等にて後進の指導にもあたる。 ◆藤原新治(ピアノ) 1992年3月25日生まれ 父は日本人、母は中国人の家庭に生まれ、音楽家である母の指導の下3歳からピアノを始める。 東邦音楽大学付属中学・高校を卒業後、2010年から単身ハンガリーに渡りハンガリー国立リスト音楽院にて学ぶ。 留学中ハンガリー政府より国費奨学金Stipendium Hungaricumを授与される。 6年間の研鑽の後、2016年6月に同学大学院修士課程を最優等の成績で卒業。 日本とハンガリー両国にまたがって音楽活動を展開している新進ピアニストである。 イタリアイスキア国際ピアノコンクール優勝他多数。 演奏活動に力を入れており、日本ハンガリー友好コンサートへの出演やブダペスト市内にある国民的作曲家であるべーラ・バルトーク旧邸宅でのサロンコンサートにおいては毎年招かれ、毎回の演奏会は大好評を博している。 この演奏会の模様は地元テレビ局にも取り上げられた。 チェコ共和国においてもソロ・室内楽コンサートを多数行っている。 リスト音楽院大ホールにてラ・フォル・ジュルネ音楽祭での来日演奏が話題となったConcert Budapestと若手指揮者金井俊文と共にラヴェルのピアノ協奏曲ト長調を演奏し好評を博す。 2015年12月には川口リリア音楽ホールにてオールリストプログラムによるデビューリサイタルを行った。 これまでに志賀道江、小山未帆、太田幸子、ラントシュ・イシュトヴァーン、ヤンドー・イェヌー、グヤーシュ・マールタ各氏に師事。
ページ上部へ戻る