板谷宏美(オーボエ奏者)

管楽器

板谷宏美(いたやひろみ):オーボエ奏者

板谷宏美 オーボエ奏者愛知県立芸術大学卒業、東京芸術大学大学院修士課程修了。

小澤征爾音楽塾オペラプロジェクトⅡに参加。東京文化会館オーディションに合格し、新進音楽家デビューコンサートに出演。

別府アルゲリッチ音楽祭、北九州響ホールフェスティバル2005などに出演。

オーボエを和久井仁、小畑善昭、松山敦子、小林裕の各氏に、室内楽を菅原眸、中川良平、村田四郎、四戸世紀の各氏に師事。

芸大在学中にはバッハカンタータクラブに所属し、小林道夫氏の教えを受ける。

現在、フリー奏者としてオーケストラを中心に室内楽、録音など幅広く演奏活動をしている。

上野学園大学音楽学部演奏要員。順心広尾学園音楽科非常勤講師。ドルチェ東京ミュージックアカデミー講師。

板谷宏美よりメッセージ

はじめまして、オーボエ奏者の板谷宏美です。
オーボエとの出会いは中学へ入学して間もない頃、吹奏楽部の先生に「オーボエやってみないか?」と言われたのがきっかけでした。
「はい」と返事はしたものの、いったいどんな楽器??と、音楽の教科書のうしろのほうを見て確認・・・ほとんど楽器のことなんて知りませんでした。
そんな私が、いつの間にかオーボエの魅力にはまり、ひたすら「もっと上手くなりたい」と願い続け、今ではこれを職業にしています。

オーケストラでも室内楽でもオーボエは大活躍します。
音色は華やかで、メロディーが多く、ソロもあったりします。
その裏ではリード作りに追われる・・・などなど大変なことも多いですが、それに勝るやりがいを感じています。

皆さんは、オーボエという楽器、ご存知でしょうか?

知られているような、知られていないような。
今までにも、いろんな答えが返ってきました。

これからも多くの方とステキな音楽の世界を共有したいなって思います。

PAGE TOP