堀子孝英(オーボエ奏者)

管楽器

堀子孝英(ほりこたかひで):オーボエ奏者

堀子孝英 オーボエ奏者武蔵野音楽大学卒業、同大学院修士課程修了。修士論文「後期バロック室内楽の演奏法研究」
平成14年度武蔵野音楽大学福井直秋記念奨学生。
大友直人、アラン・ギルバート両音楽監督による「ミュージック・マスターズ・コース in かずさ2008」オーディション合格、同講習会参加。
2015年8月、藤田淳平指揮・アートファミリア室内管弦楽団とW.A.モーツァルト作曲オーボエ協奏曲を共演。
2013年〜2016年インド交響楽団(Symphony orchestra of India)にオーボエ・イングリッシュホルン契約団員として、年2回のオーケストラシーズンに客演。
オマーン・アラブ首長国連邦・スイスへのツアーを含む7シーズン、39公演に参加。
2015年2月のシーズンではY.シモノフ指揮、G.ヴェルディ作曲「レクイエム」のインド初演に参加。
インド交響楽団は20ヶ国以上の団員からなるインド国営のオーケストラであり、同団にてⅭ.デュトワ、M.ブラビンス、R.パヤーレらの指揮者、A.デュメイ、M.J.ピリス、Z.フセインらのソリストと共演をする。
2017年8月、第6回能代オペラ音楽祭に首席オーボエ奏者として参加。

木管五重奏団 「Ensemble AQUA」団員。
船橋オーボエ教室、船橋オーボエリード工房代表。
市民オーケストラ団体「東京セラフィックオーケストラ」管楽器トレーナー。
また、東洋英和女学院大学オーケストラ部の公演、礼拝演奏にて指揮者をつとめる。
オーボエを青山聖樹、木原聡子、姫野徹、故吉成行蔵、ヨーゼフ・キシュの各氏に、室内楽を磯部周平、岡崎耕治の各氏に師事。指揮法を前田淳、長谷川朝雄の各氏に師事。
バロックから古典の音楽をこよなく愛し、オーケストラ、室内楽からスタジオ録音まで、多岐にわたり演奏活動を行う。

ブログ「オーボエ吹きの日記帳」
http://ameblo.jp/horihorioboe-ramm/

◇スタジオ録音参加作品
音楽教材「新版 豊かな心をやしなう おんがくワーク」 Oboe&English horn音源
PSP用ソフト「グランナイツヒストリー」、「魔法少女まどか☆マギカ ポータブル」
ミュージカル「テニスの王子様」
映画「L-エル-」
テレビ朝日ドラマ「そして誰もいなくなった」、「人間の証明」、「松本清張 鬼畜」
Netflix配信ドラマ「僕だけがいない街」etc.

サンプル音源

PAGE TOP