竹林真弓(バイオリン奏者)

弦楽器

竹林真弓(たけばやしまゆみ):バイオリン奏者

竹林真弓 バイオリン奏者5才よりヴァイオリンを始める。 東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部を卒業。

ヴァイオリンを西川重三、大谷康子、浅井千裕、山口裕之の各氏に師事。

第三回ソリストコンテストにて奨励賞受賞。

在学中、ザルツブルグ、モーツァルテウム音楽院夏季音楽アカデミーにて、ルイス・カプラン氏に師事。

1996年、モーツァルト・アンサンブル・オーケストラ特別演奏会にてモーツァルトのヴァイオリン協奏曲の独奏をつとめる。

2002年、2007年、音楽の友ホールにてリサイタルを開催。好評を博す。

2000年より7年間、埼玉県立大宮光陵高等学校音楽科にて非常勤講師をつとめるなど、後進の指導にも力を注いでいる。

現在、アンサンブル鴻巣ヴィルトゥオーゾ団員、ピアノトリオ・アイリス、アンサンブル・ディヴェルターズ メンバーとして、ソロ、室内楽を中心に演奏活動を行っている。

PAGE TOP