斎藤章一(チェロ奏者)

弦楽器

斎藤章一(さいとうしょういち):チェロ奏者

斎藤章一 チェロ奏者幼少より作曲家の父斎藤高順より、ピアノ・ソルフェージュを習う。

12才より叔父の斎藤鶴吉(元NHK交響楽団)よりチェロを習う。

16才より斎藤秀雄氏に師事。その後山崎伸子氏に師事。

東京芸術大学卒業。同大学院修了。
芸大では堀江泰氏、三木敬之の両氏に師事。

その後 小澤征爾指揮による新日本フィルのヨーロッパツアーに参加。
レニングラード国立歌劇場管弦楽団に参加。

これまでに東京シティーフィル、大阪センチュリー交響楽団、広島交響楽団、山形交響楽団、ニューフィルハーモニーオーケストラ千葉 等多くのオーケストラで客演首席チェロ奏者として多数出演。

又ソリストとしては芸大オーケストラ等とハイドン第一番、ボッケリー二、シューマン、ドヴォルザークの協奏曲およびチャイコフスキーのロココバリエーション等で共演。

現在は東京ニューシティー管弦楽団首席チェロ奏者。
北鎌倉女子学園講師。船橋ジュニアオーケストラトレーナー。

PAGE TOP