榊原紀保子(ピアノ奏者)

ピアノ

榊原紀保子(さかきばらきほこ):ピアノ奏者

榊原紀保子 ピアノ奏者鎌倉市出身。
東京音楽大学ピアノ科卒業・同校研究科ピアノ伴奏者コース修了。

在学中からソロ以外にも室内楽、声楽・オペラ・ミュージカル伴奏等に積極的に取り組みさまざまなジャンルで活動を行う。
国内外の演奏家との共演も数多く、SUK室内オーケストラの日本ツアーにピアノ・チェンバロ奏者として同行、Talich弦楽四重奏団とは2002年・2005年と二度にわたり共演。
その他ソリストとしてオーケストラとの共演やレコーディング、様々な地域でのアウトリーチ活動なども数多くおこなっている。

2003年からオペラシアターこんにゃく座のピアニストを務める他、『松本幸四郎inアマデウス』ではハンマーフリュ-ゲルの演奏を、2004年に は田中 健、風祭ゆきとともに『ドラマティック朗読コンサート~ショパンとサンド ある愛のかたち』に出演するなど、ジャンルにとらわれない多彩な活動を展開。
2007年1月、ソプラノ歌手・加藤千春とのCD「Sonorous~ソノラス~」リリース。

1986年鎌倉市学生音楽コンクールで音楽クラブ河野賞を受賞。
1996年ピティナ・ピアノコンペティションG級全国決勝大会入選。
1999年東京音楽大学卒業演奏会、アンサンブル卒業演奏会に出演。
2000年スイス、ティチーノ・ムジカ・マスターコース、2001年秋吉台マスタークラス&コンサート、イーストマン音楽学校サマーセミナー参加、選抜演奏会に出演。
2001年東京文化会館新進音楽家デビューコンサートオーディション合格。
2002年JILA音楽コンクール室内楽部門第1位。
2005年大阪国際音楽コンクール2台ピアノ部門第1位。

ピアノを三浦 捷子、川上 昌裕、A.Vlasakova各氏に、室内楽・伴奏法を迫 昭嘉、土田 英介、広瀬 宣行、御邊 典一各氏に師事。

PAGE TOP