大塚玲子(ピアノ奏者)

ピアノ

大塚玲子(おおつかれいこ):ピアノ奏者

大塚玲子 ピアノ奏者[1993年]
ピティナピアノコンペティション西日本本選総合優勝、併せて読売賞受賞。

[1996年]
ワルシャワフィルハーモニーホール(ポーランド)にて国立室内管弦楽団と共演。

[2000年]
日中友好学生ピアノコンクール入賞。

[2001年]
高校生国際芸術コンクールピアノ部門入賞。

[2002年]
堺国際ピアノコンクール一般部門奨励賞。やちよ音楽コンクール入賞。

[2003年]
武生国際音楽祭「若鮎コンサート」に出演。

[2004年]
桐朋学園音楽部門同窓会奨学生に選抜。

[2005年]
浜松国際ピアノアカデミーオーディション合格、アカデミー修了。
中村紘子、アリエ・ヴァルディ、ミシェル・ベロフ、ピオトル・パレツィニ、ピエロ・ラッタリーノの各氏に指導を受ける。
ロシアン・ピアノスクール修了。

[2006年]
ローゼンストック国際ピアノコンクール審査員賞。
海外音楽大学派遣オーディション合格。

[2007年]
全日本マスターズ・ピアノコンクール最高位賞。
ブルクハルト国際音楽コンクール審査員賞。
JILA音楽コンクール入賞。
武生国際音楽祭ファイナルコンサートにて、モーツァルト「戴冠ミサ」の伴奏ピアニストを務める。
ハーモニーホール福井10周年記念演奏会に出演。
Japan Classical Impressionist Audition第2位(特別奨励賞)。

[2008年]
レ・スプレンデル音楽コンクールピアノ部門第3位。

[2009年]
横浜開港150周年記念ピアノコンクールヴィルトゥオーソ部門優秀賞受賞。
日本ピアノ研究会オーディション横浜市長賞・ドレミ楽譜出版社賞受賞。
東京芸術センター記念ピアノコンクールにて招聘証を受賞、年間最優秀ピアニストにノミネートされ、2010年東京にてソロリサイタルを行う。
ハーモニーホール福井にてソロリサイタルを行う。

[2010年]
ハーモニーホール福井にてソロリサイタルを行う。
9月より、チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院に留学し、音楽院小ホールで行われたピアノ科生選抜コンサートに出演。
また、ミハイル・ヴォスクレセンスキー教授クラスコンサートにも選抜され、出演。

[2011年]
モスクワ音楽院小ホールでのミハイル・ヴォスクレセンスキー教授クラスコンサートに選抜される。

[2012年]
モスクワ音楽院小ホールで行われたピアノ科生選抜コンサート「スクリャービン生誕140周年記念コンサート」に出演。
第12回スクリャービン国際ピアノコンクール(パリ)優勝。
モスクワ音楽院小ホールでの演奏が評価され、テレビ局より取材を受けた後に、ロシア国内で放送される。
スクリャービン記念博物館(スクリャービンの家)にてソロリサイタルを行い、好評を博す。

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業、同大学研究科修了。
チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院研究科を、ピアノの他、ロシア語、伴奏法、室内楽など最優秀の成績を取得し、修了。

ピアノを紅林こずえ、玉置善己、朴久玲、セルゲイ・クドリャコフ、ミハイル・ヴォスクレセンスキーの各氏に、伴奏法をエカテリーナ・ガネーリナ氏 に、室内楽をヴィターリー・ユニーツキー、コンスタンチン・マスリュ-クの各氏に、ロシア語・ロシア音楽研究を鮫島奈津子氏に師事。

現在、スクリャービン、プロコフィエフ、ラフマニノフなどの作曲家を中心に取りあげ、国内外でこれらロシア物のレパートリーを積極的に紹介・演奏し 続けている。 また、演奏活動だけでなく、教育者としても積極的に後進の指導にあたっており、多くの生徒が多数のコンクールで入賞、東京藝術大学をはじめとする様々な有 名音大に多数の生徒が現役合格している。

PAGE TOP