梅原由佳 (アルトサックス奏者)

ジャズ

梅原由佳 (うめはらゆか):アルトサックス奏者

梅原由佳 アルトサックス奏者3歳からモダンバレエを石井かほる氏に、クラシックピアノを高根英子氏に師事。

父の影響で、洋楽が流れている環境で育つ。
中学時、サックスの名門宮前平中学校吹奏楽部にて丸山胤幸氏に師事。
全日本吹奏楽コンクールでは、東関東大会銀賞を受賞し、ソリストとして高い評価を得る。

また、サクソフォンアンサンブル、デュオを演奏会などで披露。
サクソフォンアンサンブルコンテストで県大会出場金賞受賞。
高校進学と同時に吹奏楽部と並行しながら、東京スカパラダイスオーケストラのコピーバンドのバンド活動、ジャズ、ファンクサックスをオーサカ=モノレール向井志門氏に師事。

音大進学を希望するも、進学校であるのと、学費の面で大学受験を決意。
私立桜美林大学総合文化学群音楽専修サックス科に入学、教会音楽、パイプオルガン、クラシックサックスを専攻、軽音楽部で4バンドのサックスとして活動するも、音大進学への夢が捨てられず、翌年、洗足学園音楽大学ジャズコースサックス科に入学。
多田誠司氏、ボブザング氏に師事。
一流のミュージシャン達から音楽理論、アンサンブルを学ぶ。
また、二年連続で、学内の選抜学生ビックバンドに選出され、谷口英治、中村誠一などの一流ミュージシャンとのライブもも経験。

ジャズ評論家中川ヨウ氏に抜擢され、銀座ジャズひなまつりでリーダーバンドで演奏し好評を得る。
在学中にNYにジャズ留学し、現地のライブハウスで演奏する。
日本人離れした演奏スタイルに現地のミュージシャンに気に入られ、セッションを重ねる。
のだめカンタービレにもエキストラ出演する。

卒業後は、パソナグループのアーティストインレジデンス、ここから村に参加、関西でライブハウスやウエスティンホテルなどの演奏、3000人規模のイベントなどでリーダーバンド、歌手活動、サックス演奏活動をし、ワンマンライブでは満席になる。
また、高校でビックバンドの講師として、ジャズ奏法、理論などを指導。
東京に戻ってからは、ウエディングやBGMの演奏などの活動を行っている。

サンプル動画

PAGE TOP