木下麻里 (ジャズバイオリン奏者)

ジャズ

木下麻里 (きのしたまり):ジャズバイオリン奏者

木下麻里  ジャズバイオリン奏者東京都出身。
5歳よりヴァイオリンを始める。
国立音楽大学、桐朋学園大学ディプロマコース終了。
2006年のだめカンタービレ出演。
2008年映画「櫻の園」にてヴァイオリン指導、演奏を担当。
その他、ポップスアーティストのサポートとして、TV,CM,PV,Liveに参加。
2013年単身渡亜。
タンゴ奏法をAriel Espandorio氏、Guillermo Rubino氏、Fernando・Suarez・Paz氏に師事。
2015年アストル・ピアソラ・キンテートの最後のピアニスト、パブロ・シーグレル氏のマスタークラスを受講。また、同氏とコンサートで共演。
2012年頃よりジャズ演奏を始め、サポート、リーダーライヴを展開。

PAGE TOP