旧橋 壮 (テナーサックス奏者)

ジャズ

旧橋 壮 (ふるはしつよし):テナーサックス奏者

旧橋 壮 テナーサックス奏者2月14日 水戸市生まれ。サックス奏者。

ジャズスクールで村岡建、松本英彦にサックスを学ぶ。

01年舞鶴赤煉瓦ジャズ祭全国公募最優秀に選ばれ出演。
新宿ピットインなどをはじめオリジナル性の強いステージで国内のジャズシーンの他、スペイン(I JUJUMEETS JAPANESE JAZZ  AntonioGamaza(p)旧橋壮(ts)カイドーユタカ(b)RobertoGamazaロベルト ガマサ(ds))やニューヨーク (SPECIAL NIGHT OF JAPANESE JAZZ:Tsuyoshi Furuhashi (tenor sax, flute) Reggie Nicholson (drums) Shanir Blumenkranz (bass)Trevor Lagrange (piano))からもオファーを受けライブを行う。

過去に「宇宙の花」「LUSHLIFE」他6枚のアルバムをリリース。

07年政治家の亀井静香、川内康範「おかあさん」の演奏編曲を旧橋バンドで担当、11年声優の羽佐間 道夫、野沢雅子、山寺宏一、高木渉 「声優口演」の作曲と演奏を担当した他、風の人でのHIPHOP、日本舞踊、暗黒舞踏、演歌、レゲエ、カフェミュー ジック、即興など多くのジャンルのアーティストとライブ、レコーディングで交流、共演し現在に至る。

クラブジャズのコンピレーションアルバムNU-JAZZ CONFERENCE AT TOKYO参加。

雑誌JAZZLIFEに数回にわたりインタビュー記事掲載。

オリジナル曲が各地の大学のジャズ研でカバーされるなど好評を得る。

PAGE TOP