宮田悠貴 (ハープ奏者)

ハープ

宮田悠貴(みやたゆき):ハープ奏者

宮田悠貴 ハープ奏者

5歳よりピアノを、6歳からアイリッシュ・ハープを、11歳からグランド・ハープを始める。

東京芸術大学音楽学部附属高等学校を経て、同大学音楽学部器楽科へ入学。

卒業後渡仏し、リヨン国立高等音楽院ハープ科へ首席で入学。

2015年にフランス国家音楽家専門資格(DNSPM -Diplôme national supérieur professionnel de musicien- )を取得し、首席で卒業。

同音楽院卒業後は、アナポリス・シンフォニーオーケストラ、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニーオーケストラを始め、日・仏・米と国内外のオーケストラ・室内楽団にて演奏活動を行うと共にまた、リヨン第三大学にてオーケストラ部指導(アシスタント指導員)を行う傍ら、ピアノ・ヴァイオリンの曲からハープ・ソロ曲への編曲も手がけている。

《賞歴》
14回イタリア“Luigi Zanuccoli”国際コンクール・ソリスト部門・第2位、2015年度ウイーン“Solist. EU ”コンクール合格後ウイーン・東欧内指定オーケストラとのコンチェルト共演権獲得、第20回日本ハープコンクール・アドヴァンス部門・入賞、第6回大阪国際音楽コンクール弦楽器部門・第3位、第17回茨城の名手・名歌手たちオーディション合格後出演等受賞多数。

《オーケストラ・コンチェルト》
これまでに国内外問わずオーケストラとの協奏曲の共演依頼も多く、201810月には東京芸術劇場大ホールにて、モーツァルトのフルートとハープの為の協奏曲の共演を予定している。

《録音・映像》
20188月、フランス・アヌーシーの財団、セーヌ・ナショナル・ド・ボンリウアヌシーからの依頼で、モダンダンスのPV録音に参加予定。

Sony BMGレコード所属、メジャーバンドとして第一線で活躍するアーティスト「Underground Authority」とハープのコラボレーションCDLately」収録に参加。201810月、全世界同時発売・配信予定。

アメリカ・ニューヨーク拠点のFMラジオ局「DW Real Music Easte Groupe」より演奏依頼を受け、演奏収録。現在放送日程協議中。

また、ソリストとしての活動も盛んであり、東京を始め各地でソロコンサートに招かれている。

また、日本国内のみならず、海外での活動も多く、年末には毎年オーストリア・ウイーンにて行われている「ニューイヤーコンサート」に、ソリストとして出演予定。

《楽曲提供》
アメリカのロサンジェルス、ニューヨークを拠点に世界で活躍する作曲家でパーカッショニスト、ピアニストでもあるマルチ演奏家の ルイース・サントス 氏からハープのソロ曲、室内楽曲の楽曲提供を受ける。

これまでに迫本宜子、篠崎史子、木村茉莉、ファブリス・ピエール、シルバン・ブラッセル、グザビエ・ド・メストレ、講習会等でイザベル・モレッティ、シャンタル・マチュー、ジャズをパーク・スティックニー、室内楽をディディエ・プントス各氏に師事。

サンプル映像
PAGE TOP