内海治夫 (作曲・編曲・音楽企画)

作曲・編曲

内海治夫 (うつみはるお):作曲・編曲・音楽企画

内海治夫 作曲・編曲・音楽企画日本大学芸術学部音楽学科(作曲専攻)を卒業し、公立中学校教諭を三年間勤める。

退職後はフリーで活動し、作・編曲を中心に吹奏楽や(ジュニア)オーケストラ 並びに合唱等の指揮指導を行なう他、アンサンブルや器楽・合唱等の伴奏も大学在籍中から行なって来た事も有り、オールラウンドに活動できる“音楽家”として活躍中。

現在の主な活動は作編曲活動を中心に据えて“映像”的な作品・ミュージカルなどを創作するなど、ジャンルに拘り無い音楽クリエーターとしても活動中で、“日本文化”を意識しながらのコンサート企画なども実施している。

又、ストリート・アーティストなどの詞に作曲したり、また編曲活動などもするなど、新しい歌謡曲の世界を模索している。

内海治夫よりメッセージ

普段の音楽活動でも同様に、「夢の持てる音楽」の創作を心掛けています。

イマジネーションを働かせて聞く音楽は、オリジナル楽曲・映像・劇伴など各ジャンル どれにでも当てはまるサウンドです。

デジタルサウンドやアコースティックサウンド、どちらでも「夢の持てる音楽」を創作出来る事が今の私の活動方針でも有り、又 それを広く色々な人達に届けたい気持ちから、ジャンルを越えて活発に活動しています。

得意とする楽曲ジャンルは、主に..
クラシック・ポピュラー系の音楽ですが、「音色」から繰り出されるイマジネーションを喚起する感触を大事にした創作を心掛けています。

そして、「夢」の持てる音楽を作曲する事をモットーに活動中です。

PAGE TOP