,

Jumelles 【双子ピアノ連弾デュオ】


Jumelles(ジュメル)仏語で双子の意。
ちひろ&みちるから成る双子ピアノ連弾デュオのユニット。
一台のピアノで四手で弾くピアノ連弾を基本のスタイルとし、いくつかの鍵盤楽器を取り入れたピアノデュオのステージも各地で行い、クラシック音楽をもっと身近に、ピアノ連弾の魅力を伝えるべく様々なスタイルを展開。

北鎌倉女子学園中学・高等学校音楽科卒業。桐朋学園大学音楽学部CD修了。
全日本ピアノデュオコンクール審査員賞受賞。
大阪国際音楽コンクールピアノ連弾部門ファイナルにて最高位を獲得。
日立VIVA!ピアノデュオコンサート出演。
桐朋学園大学音楽学部室内楽演奏会に唯一のピアノ連弾で出演。
メディア出演、東京国際フォーラムのヘアショーで演奏するなど、コンサートやイベント、パーティ、ブライダル多数出演等。
パソナミュージックメイトプレミア会員。
加藤美代子、折井直子、池本純子、小澤英世、松永晴紀の各氏に師事。

オリジナルシングルCD『Wish』『青い鳥を探して』『Clover』を自主制作。
リミックスアルバムDJ OKAWARI「ジオラマ」にてオリジナル曲「青い鳥を探して」を『Bluebird Story』として参加。
また『Bluebird Story』は着うたフルやiTuneでも配信中。
作曲家 鈴木邦彦によるBell&ジュメルのPV撮影に参加。
※NHK横浜FM「サウンドシャトル」、FMサル―ス、FM立川ラジオ番組出演。
※08′ 2/12 テレビ朝日スーパーモーニング「双子の秘密」番組内で紹介。
※08′ 2/26 読売新聞朝刊第一面「日本の知力」で写真掲載。
※09’東京ディズニーリゾート25thアニバーサリーパフォーマーズ・ドリーム・フェスティバル「イッツショータイム!」出演。
※09’キングレコードよりアルバム「連弾レボリューション」リリース。


同カテゴリー奏者

  1. 河村尚昌 【ピアノ】

    東京音楽大学卒業。2006年渡独。2008年ドイツ国立ブレーメン芸術大学芸術家養成課程卒業。最優秀の成績でディプロムを取得。引き続き同大学にて研修を積む。在学中に大学 Freundeskreis より奨学金を授与される。 第9回ヴァレリア・マルティナ国際コンクールピアノ部門第1位(イタリア)など。

  2. TakatoSatopi 【ジャズ・ユニット】

    上野高史(ギター)と吉原聡(バンジョー)によるユニット。 ブルーグラスやデキシーランドジャズで中心楽器のバンジョーを、クラシックの楽曲やポップ調の楽曲など、少しバンジョーでは珍しいスタイルや演奏法を取り入れ、新しいアコースティックスタイルを確立する。

  3. Groovin’Souls 【ゴスペルユニット】

    楽曲はポップスやR&Bなどの要素を取り入れたゴスペルナンバーを中心に演奏。2009年 スポーツニッポン主催「Gospel Awards 2009」エキスパート部門最優秀賞受賞。 2010年 スポーツニッポン主催「Gospel Awards 2010」エキスパート部門に礒村純衣氏、NAMIHEY氏らとともに「Y nation project」として参加。優秀賞受賞。

  4. 藤本江利子 【ピアノ】

    桐朋女子高等学校音楽科・桐朋学園大学卒業。毎日学生音楽コンクール入選。 卒業後ハンガリー国立リスト音楽院にて研鑽を積み、ローマ国際ピアノコンクール”Roma 2006″第3位受賞。 2013年にはチェロの北本秀樹氏(元東京フィルハーモニー首席奏者)、尺八の藤原道山氏と共に「廣瀬量平作品連続演奏会」に出演するなど現代曲にも取り組む。

  5. 朴 琴香 【ピアノ】

    第1回スーパークラッシックオーディション決勝大会特別賞(ピアノシュロス賞)及び副賞にて、「新しいピアノコンチェルトとの出逢 い」東京公演にてポーランド国立クラクフ室内管弦楽団と共演。第3回横浜国際音楽コンクール第1位。奨学生としてパリ・エコールノルマル音楽院に入学。同 音楽院にて審査員満場一致の上位成績でディプロマ取得。

  6. ルミナスカルテット 【弦楽四重奏】

    埼玉県立大宮光陵高校音楽科の卒業生により2014年に結成された弦楽四重奏団です。埼玉県を基点に、未就学児から大人まで楽しめるコンサートを開催しております。

  7. Feliz【トランペット四重奏】

    女性4名によるトランペット四重奏です。Feliz(フェリース)とはスペイン語で『幸せな』という意味です。イベントでのファンファーレ演奏や、余興などにお勧めです。このトランペット四重奏「フェリース」は、クラリーノ50周年式典・パーティーにてファンファーレを演奏行った実績がございます。詳細プロフィールページには、ファンファーレのサンプル映像もございます。

  8. WAO弦楽四重奏団 【弦楽四重奏】

    上保朋子(第1ヴァイオリン)、志村知里(第2ヴァイオリン)、生沼晴嗣(ヴィオラ)、林一公(チェロ)による、日本国内でも有数の弦楽四重奏団。 『笑い』『愛』『音楽』をコンセプトに活動。笑いのW、愛のA、音楽のOと、それぞれの頭文字をとり『WAO弦楽四重奏団』と命名。

  9. 松岡磨美 【ピアノ】

    4歳よりピアノをはじめ、桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業。 その後渡仏し、パリ地方音楽院最高過程ピアノ科卒業。 第31回町田市ピアノコンクールE部門第一位。第17回レ・スプレンデル音楽コンクール審査員賞受賞。受賞者演奏会に出演。2010年フランス国際音楽コンクール第一位。

  10. 武田姉妹 【フルート・ピアノ二重奏】

    福岡県出身。武田真依(フルート)と武田莉奈(ピアノ)による姉妹ユニット。共に、福岡女学院高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学を卒業。幼少期よりピアノ連弾にも取り組み、ピティナピアノコンペティション・デュオ部門等、国内のコンクールにて受賞。フルートとピアノのデュオとしてパーティー演奏や、コンサート出演など幅広く活動している。

  11. Cello Quartet 結 【チェロ四重奏】

    女性チェロ奏者4名によるチェロ四重奏。 演奏を機会に、縁がどんどん広がって結ばれていくことをイメージし「Cello Quartet 結」と名付けられる。 クラシックを中心に、映画音楽など様々なジャンルの楽曲を演奏。

  12. 結城奈央 【ピアノ】

    東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。国立ベルリン音楽大学ハンス・アイスラーを最高得点で卒業。ディプロマ取得。第18回カルレット国際ピアノコンクール優勝。第17回ブラームス国際コンクールピアノ部門優勝。テレビ朝日”お願いランキング”「1秒1000円ベストバウト~ピアノハイスピード演奏~」に出演し、完全制覇を成し遂げた。

  13. 山元香那子 【ピアノ】

    国立音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業後、同大学院音楽研究科修士課程器楽専攻修了。ウィーンでの功績が認められ、日本学生支援機構jasso優秀 学生顕彰事業文化・芸術部門奨励賞奨励金を受賞。数多くのコンクールにて優勝・入賞を果たす。“BS・日テレ日本こころの歌”コーラスグループ「フォレス タ」専属ピアニストとして出演中。

  14. 大野真紀 【ピアノ】

    国立音楽大学附属中学校、高等学校を経て国立音楽大学を卒業。 その後渡欧しドイツ国立カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学(Diplom)にて研鑽を積み卒業、同大学院(Aufbaustudium)を修了する。 これまでに数々のコンクールに入賞、オーディション合格。

  15. 河野響子 【ピアノ】

    2001年桐朋学園大学音楽学部演奏学科ピアノ専攻卒業後、東京学芸大学大学院修士課程ピアノ専攻入学。同大学院修了後、パリ・エコールノルマル音楽院にて演奏ディプロマを取得する。 数々のコンクール受賞を経て、2005年第6回大阪国際音楽コンクール・ピアノ部門一般の部第1位、併せてプレジデント賞、大阪府知事賞を受賞する。

  16. 小部綾子 【ピアノ】

    国立音楽大学付属高等学校を経て、同大学音楽学部演奏学科鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業。その後、東京音楽大学大学院音楽研究科器楽専攻(ピアノ)修了。多 摩フレッシュ音楽コンサート2007合格。多摩フレッシュ音楽コンサート2009合格・審査員奨励賞受賞。ソロの他に声楽や器楽の伴奏も積極的に行ってい る。

  17. TRIO Καρδιά [トリオカルディア]

    フルート・ヴァイオリン・ピアノのトリオ。 国立音楽大学出身の幼馴染みトリオ。クラシックからポップス、タンゴ、オリジナル曲など幅広いジャンルの音楽を演奏している。演奏もさることながら三人でのMCも好評を得ているのもひとつの特徴である。

  18. アンサンブル香音【二胡・尺八・チェロ・ピアノ】

    中国楽器の二胡、和楽器の尺八、西洋楽器のチェロとピアノという、大変珍しい編成の四重奏です。アンサンブル香音のオリジナル曲を中心に、カバー曲も交え て演奏活動を行っております。二胡の音色は日本人にも好まれる音色ですので、イベント等でのアトラクションやBGMなどに最適です。

  19. ジェガーダ 【ハーモニカ・ギター・アルパのトリオ】

    ジェガーダはハーモニカ世界チャンピオンの大竹英二、FLYING KIDSのギタリスト丸山史朗、アルパ奏者の藤枝貴子の3人の実力者によるトリオです。 ジャズのスタンダード・ナンバーや映画音楽、童謡・唱歌など、さまざまな曲をアレンジして演奏活動を行っております。

  20. 浅川真衣 【ピアノ】

    6歳より桐朋学園大学付属子供のための音楽教室に入室、ピアノを始める。15歳最優秀で修了。 06年東京国際フォーラム主催(フジテレビ共催)音楽コンクールにおいて第一位、併せて 「熱狂の日」音楽祭賞受賞。「のだめ」に最も近いピアニストとして各新聞、雑誌モーストリークラシックなどにとりあげられる。

  21. 大塚玲子 【ピアノ】

    桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業、同大学研究科修了。 チャイコフスキー記念ロシア国立モスクワ音楽院研究科を、ピアノの他、ロシア語、伴奏法、室内楽など最優秀の成績を取得し、修了。 第12回スクリャービン国際ピアノコンクール(パリ)優勝。

  22. しのばず雅楽会

    東京藝術大学出身のメンバーにより構成された「しのばず雅楽会」は、雅楽の独特な響きや音色を生演奏でお届けし、外国のお客様向けのイベント等で大変好評を得ています。また、平成25年には第一回定期演奏会を開催し、多くの方々よりご好評をいただきました。

  23. 杉山真衣子 【ピアノ】

    5歳からピアノを始める。 小学校、中学校の部、共に全日本学生音楽コンクール大阪大会入賞。 桐朋女子高等学校に在学中、全日本学生音楽コンクール高校の部東京大会第2位に入選 在学中から仙台や花巻等に招かれ、数多くのコンサートに参加。

  24. Dee Three 【ジャズ・トリオ】

    ディー・スリーはトランペット・ギター・ベースによるジャズトリオです。 3人編成のバンドでどれだけハートフルかつスタイリッシュにプレイできるかをコンセプトに、ジャズやポップスの楽曲を中心とした構成でステージを繰り広げております。

  25. Don Almas 【フラメンコ・ユニット】

    フラメンコキギターの草分け伊藤日出夫に弟子入りし、2005年にドンアルマスを結成。2009年に独立しフラメンコのジャンルを超えた新たな音楽表現に挑戦。アフリカ開発会議にてレソト王国タバネ首相歓迎式典での演奏や、韓国で開催されたFAWA国際会議(アジア・太平洋女性連盟)での演奏など優れた実績を積む。伊勢神宮では古事記をテーマに制作した楽曲を語り付きで演奏。2015年4月にはワシントンD.Cで開催された全米桜祭りで演奏。

  26. Bell Cantabile【ハンドベル三重奏】

    2010年に結成されたイングリッシュハンドベル・トリオ。一人一人がフォー・イン・ハンズ(左右の手に2本 ずつ、両手に4本のベルを持つ)奏法を基本とし、クラシックからポピュラー音楽まで、幅広い演奏ジャンルを持つ。

  27. Unknown Next Area【和楽器ユニット】

    和太鼓・尺八・津軽三味線による和楽器ユニット。 各々アドリブ演奏を得意とし、古典的な邦楽からジャズまで、幅広いジャンルの演奏を行っている。 和楽器の常識を超えた3名の天才的な奏者が、和楽器で未知の可能性を引き出す。

  28. Via Brasil 【ブラジル音楽ユニット】

    28年前にブラジルで結成され、本国ではプロとしてライブ、イベント等多数出演。本国ブラジルでの知名度は高く、来日してからは小野リサとの共演等、全国 でイベントライブに出演。Sky Perfect TVのブラジル専属チャンネルであるIPC TV用にジングルを歌う。

  29. 稲葉瑠奈 【ピアノ(提携)】

    東京藝術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業。 在学中の2002年10月キングレコードよりデビューCD「ルス・デ・ラ・ルナ~月の光~」をリリース。 「題名のない音楽会」などの音楽番組出演や、「のだめカンタービレ」(学生時代の桃平美奈子役)などのドラマ出演。 様々なオムニバスCDもキングレコードより発売中。

  30. 飯田彰子 【ピアノ】

    東京音楽大学ピアノ演奏家コース、同大学大学院修了。ショパン国際ピアノコンクールin Asiaアジア大会一般部門金賞受賞など数々のコンクールに入賞。2012年ファイザー製薬「愛では、タバコはやめられない?」通院編、CMのBGMピア ノ演奏。2013年NHK‐FM  FMシアターにてピアノ演奏出演。

  31. 藤原新治 【ピアノ】

    2010年から単身ハンガリーに渡りハンガリー国立リスト音楽院にて学ぶ。留学中ハンガリー政府より国費奨学金Stipendium Hungaricumを授与される。6年間の研鑽の後、2016年6月に同学大学院修士課程を最優等の成績で卒業。日本とハンガリー両国にまたがって音楽活動を展開している新進ピアニストである。

  32. unjour 【フルート四重奏】

    女性のみによるフルート四重奏。 unjourとはフランス語で『ある1日』という意味です。演奏会でお客様とお逢い出来た1日を大切にしていこうというメンバーの意志が由来となっています。 第15回長江杯国際音楽コンクール アンサンブル部門大学の部において優秀賞を受賞。同時に入賞者コンサートに出演。

  33. 榊原紀保子 【ピアノ】

    鎌倉市出身。東京音楽大学ピアノ科卒業・同校研究科ピアノ伴奏者コース修了。 国内外の演奏家との共演も数多く、SUK室内オーケストラの日本ツアーにピアノ・チェンバロ奏者として同行、Talich弦楽四重奏団とは2002年・2005年と二度にわたり共演。 2007年1月、ソプラノ歌手・加藤千春とのCD「Sonorous~ソノラス~」リリース。

  34. 上川佳連 【ピアノ】

    埼玉県出身。大宮光陵高校音楽科、上野学園大学演奏家コース卒業。在籍時特待生。PTNAピアノコンペティション全国決勝大会金賞、北関東ピアノコンクール第1位、北本ピアノコンクール第1位。ショパン国際ピアノコンクール in Asia、埼玉ピアノコンクール、市川市新人演奏家コンクール等で入賞。

  35. Quinteto Q【ジャズ・クインテット】

    クインテット・キューはサックス・フルート奏者のQ.DANIELを中心としたジャズ・クインテット。コンテンポラリージャズ、スタンダードジャズのアレ ンジ演奏の他、オリジナル曲にも積極的に取り組んでいる。リーダーのダニエル・キューは、ロンドンで生まれスペインに育ち。作曲者としてまた演奏者とし て、2010年に現メンバーとQuinteto Qを結成。

  36. 浅川真己子 【ピアノ】

    桐朋学園大学音楽学部演奏学科卒業。 ショパン国際フェスティバル「ショパンフェスティバル」第1位、ショパン賞及び特別賞受賞をはじめ数々のコンクールに入賞。 第3回浜松国際ピアノアカデミーを中村紘子音楽監督のもと修了、第15回横浜市招待国際ピアノ演奏会オーディションに合格。

  37. ストラッシュ 【和太鼓・バイオリン・ピアノ】

    和太鼓・エレキバイオリン・エレキピアノの和洋コラボユニット!!! 和太鼓<石塚由有>/エレキバイオリン<須磨和声>を中心に、サポー トメンバーにエレキピアノ<榎本陽平>を迎え結成された異色の和洋コラボユニット。

  38. 林 直美 【ピアノ】

    桐朋学園大学、ハノーファー音楽大学を優秀な成績で卒業後、ベルリン・ハンス・アイスラー音楽大学院、ライプツィヒ音楽大学院のソリストコースでさらに研鑽を積み、2003年ドイツ国家演奏家資格を審査員満場一致の1等賞(最優秀)で取得。 12年間に渡るドイツでの音楽活動の拠点を、2008年度より日本に移す。

  39. 浅野衣美 【ピアノ】

    2008年武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。2008年より2011年までハンガリー国立リスト音楽院に留学。 第2回 国際ヤングミュージシャンコンクール”アントニオ・サリエリプライズ”第2位(1位なし、最高得点獲得)。第19回国際ピアノコンクール”ローマ2009″第2位。第3回 全日本芸術コンクール 第1位。

ページ上部へ戻る