シャルクハフト(弦楽四重奏)

アンサンブル

Schalkhaft (シャルクハフト):弦楽四重奏

2017年、東京音楽大学の学生4人で“シャルクハフト” 弦楽四重奏団を結成。

シャルクハフトとはドイツ語で「楽しそうに、愉快に」という意味が含まれていて、それをテーマとして都内にて演奏活動を行っている。

第1ヴァイオリンの下谷が全ての編曲 アレンジを担当し、クラシックのテクニックをベースに映画音楽・ポピュラーミュージックを中心に演奏している。

メンバープロフィール

下谷 岬向(しもたにみさき):第1ヴァイオリン

京都府出身、2歳からヴァイオリンを始める。
第7回 関西弦楽コンクール 優良賞。第28回 全日本ジュニアクラシックコンクール全国大会 審査委員賞、第29回同コンクール関西大会 銀賞(最高位)。第15回長江杯国際音楽コンクール 弦楽器部門 第3位。平成19年日本弦楽指導者協会 関西支部 四方恭子氏公開レッスン、翌年 Mihail Vaiman氏同公開レッスンを代表受講。平成24-26年 京都市ジュニアオーケストラ(スーパーヴァイザー : 広上淳一)に所属、「ラ・フォル・ジュルネ金沢2015」に出演。
平成24-27年 京都府向日市主催 「竹の径 かぐやの夕べ」ソロステージ出演。平成28年 第16回京都フランス音楽アカデミー・マスタークラスを受講。平成29年 大谷康子指導による「東京音楽大学 アンサンブル・エンドレス」選抜メンバー。第20回 関西弦楽コンクール 優秀賞(最高位)。第1回大阪international音楽コンクール 弦楽器部門 第3位(1位なし)。葉加瀬アカデミー 認定コーチ。東京音楽大学付属高等学校卒業後、現在東京音楽大学に在籍。これまでに、田丸尚子、立石康子、浦川宜也、Mihail Vaiman、横山俊朗、大谷康子 各氏に師事。
〈ヴィオラ〉
付属高校時代よりヴィオラ指導を受け、室内楽やオーケストラに参加。大学でも様々な室内楽、オーケストラ、レコーディング等で演奏活動を行う。これまでに、上田敏子、百武由紀 各氏に師事。

山崎 響子(やまざききょうこ):第2ヴァイオリン

岡山県立城東高等学校音楽学類卒業後、現在 東京音楽大学在籍中。
高校では管弦楽部でコンミスを務め「日本学校合奏コンクール2015全国大会グランドコンテスト」金賞。
第49回岡山県学生音楽コンクール第2位。同コンクール第50、51回第3位。
第29回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール入選。
平成19-28年岡山市ジュニアオーケストラに所属し、コンミスと団長を務める。
平成30年 木野 雅之指導による「東京音楽大学 アンサンブル・エンドレス」選抜メンバー。
これまでに野村由美子、上月恵、嶋田慶子、大谷康子 各氏に師事。

粟國 朝陽(あわくにあさひ):ヴィオラ

沖縄県出身。
4歳よりヴァイオリンを始め、13歳でヴィオラに転向。
現在、東京音楽大学器楽科学部2年に在学中。
沖縄県新報音楽コンクール弦楽部門高校の部第1位、全九州高校音楽コンクール弦楽部門銀賞。グローバルリーダー育成海外短期研修事業「沖縄県高校生芸術文化国際交流プログラム【音楽部門】」によりオーストリアへ派遣。
平成29・30年「東京音楽大学 アンサンブル・エンドレス」選抜メンバー。
東京都板橋区による第35回クラシック音楽オーディションに合格し受賞者演奏会に出演。
これまでにヴィオラを佐渡山安哉、大野かおるの各氏に師事。

永野 未来子(ながのみきこ):チェロ

千葉県立幕張総合高等学校音楽コース卒業後、現在 東京音楽大学在籍中。
江口心一によるチェロ公開レッスンに参加。
平成30年 木野 雅之指導による「東京音楽大学 アンサンブル・エンドレス」選抜メンバー。
これまでに、白神あき絵、川井真由美、苅田雅治 各氏に師事。

 

お問い合わせフォーム

出張演奏についてのご相談やご依頼は、以下フォームよりお気軽にご連絡ください。
お急ぎの場合には、フリーダーヤル 0120-500-955 までお電話ください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号

会社名(個人の方は不要です)

お問い合わせ内容 (必須)

PAGE TOP