小山貴之【指揮】


指揮者兼ヴィオラ奏者。現在、読売日本交響楽団ヴィオラ奏者。

京都市立芸術大学卒業。
ヴァイオリンを岩淵龍太郎、岸辺百々雄、辻井淳、(故)阿部靖、G.ボッセの各氏に師事。

大学在学中よりテレマン室内管弦楽団に在籍し、演奏活動を行う。
1985年テレマン室内管弦楽団旧東独演奏旅行に参加。
ライプツィヒ・ニコライ教会におけるバッハ生誕300年記念公演に出演した。

ヴィオラを永藤照夫、G.ボッセ、(故)T.カクシュカの各氏に師事。
室内楽をアルバン・ベルクS.Q.、バルトークS.Q.に師事。

卒業後ヴィオラに転向し、読売日本交響楽団に入団。2002、2004年度、首席代行を務める。
オーケストラ活動の他、1992年読売日本交響楽団員による「ラーク弦楽四重奏団」を結成し、活動を主宰。その後「リュミエール弦楽四重奏団」に参加。

独奏においては、1998年より積極的に取り組み、第3回JILA音楽コンクール弦楽部門入選。また東京、茨城、世田谷、長野、青梅など各地でリサイタル出演。
1999年、東京文化会館における現代音楽演奏会において、無伴奏ヴィオラ曲の邦人作品を演奏。
その後NHK/FMリサイタルに数多く出演。

第5回JILA音楽コンクール弦楽器部門入選、すみだトリフォニーホールにて披露演奏会出演。

また、指揮法をドイツの巨匠、クルト・レーデル氏に師事。
大学管弦楽団の指揮・指導も行い、これまで読響メンバーのオーケストラなどでも指揮を行うなど、指揮者としても積極的に活動している。

公式ホームページ:http://www.koyama-takashi.com


同カテゴリー奏者

  1. 中島章博【指揮・作曲・編曲】

    フランス・パリ生まれ。 早稲田大学理工学部、東京大学工学系研究科修士課程を経て、同博士課程へ進学した後、2007年10月から2010年 6月までオーストリア共和国ザルツブルク・モーツァルテウム大学指揮科に留学。 2012年5月に開催されたクルト・レーデル指揮コンクール2012にて、 1位なしの2位に入賞。

ページ上部へ戻る