遠藤柊一郎 【コントラバス】


東京都生まれ。
1992年、玉川大学文学部卒業。
1996年、東京藝術大学音楽学部器楽科卒業。
同年、東京フィルハーモニー交響楽団に入団。
コントラバスを本間 園子、故 江口 朝彦、ツォルト・ティバイの各氏に師事。
また、ユージ・レヴィンソン(ジュリアード音楽院)、文屋 充徳(ヴュルツブルク音楽大学)両氏のレッスンを受講。

室内楽においては、ピアニストの伊藤 恵、花房 晴美、フジコ・へミングらと共演。

また、全国に名を馳せる、小田原の和菓子・ギャラリー「菜の花」での度重なるソロコンサート(無伴奏)をはじめ、銀座のギャラリー&バー、山梨の古 民家 ギャラリー、四季ごとの「蕎麦料理とコントラバスの会」、富良野にあるログハウスホテルでのディナーコンサートなど、様々な分野のアーティストに招かれ、 作品とのコラボレーションを行なっている。

東京フィルの仲間と結成した弦楽四重奏団は、チェロの代わりにコントラバスがその任を請け負うという、異色の構成。 ピアノや管楽器を加えることで、そのレパートリーの幅は無限大となる新しい可能性を秘めた合奏団として、活動の場を拡げている。

【遠藤柊一郎よりメッセージ】

皆さん、はじめまして、コントラバスを演奏する、遠藤柊一郎(えんどう しゅういちろう)と申します。
コントラバスは、ヴァイオリンをはじめとする、いわゆるクラシック音楽の弦楽器の中で、一番大きい図体をしています。
音の低さも、オーケストラの中で1,2位を争います。
始めたのは、中学校の部活動です。弦楽合奏部がありました。
この、持ち運びが大変そうで、メロディでなく伴奏を担当する、“縁の下の力持ち”的存在を相棒に選んだわけは、「おまえ、背ぇ高いから、コントラバスだ」という、顧問の先生の、単純極まりない振り分け作業によってでした。

…大学まで続けたコントラバス。
「どうしてもプロになって、オーケストラで弾きたい」と思った私は、東京藝術大学に入学しました。
そして、卒業の年に、東京フィルハーモニー交響楽団のオーディションに合格し、今は毎日、オーケストラ作品に囲まれて生活しています。

“縁の下の力持ち”を担うのは、大変やりがいのあることですが、時にはメロディーを弾きたくなります。
そんな時、知り合いのアーティストやギャラリーのオーナーが、個展の会場で弾かせてくれます。
お客様と間近で。
純粋にコントラバスの音色に耳を傾けてもらう。
オーケストラの活動とともに、私にとっては車の両輪となっています。


同カテゴリー奏者

  1. 星野沙織 【バイオリン】

    国立音楽大学附属中学校を経て2006年3月国立音楽大学附属高等学校を首席で卒業。 在学中、第3回レガシイ・バイオリンコンクールにて銀賞および埼玉 ロータリークラブ賞受賞。 第3回全日本芸術コンクール音大部門第2位(1位なし)。 桐朋学園大学院大学修了。

  2. WAO弦楽四重奏団 【弦楽四重奏】

    上保朋子(第1ヴァイオリン)、志村知里(第2ヴァイオリン)、生沼晴嗣(ヴィオラ)、林一公(チェロ)による、日本国内でも有数の弦楽四重奏団。 『笑い』『愛』『音楽』をコンセプトに活動。笑いのW、愛のA、音楽のOと、それぞれの頭文字をとり『WAO弦楽四重奏団』と命名。

  3. 谷川有加 【バイオリン】

    桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部ヴァイオリン専攻を卒業。 その後助成金を受けドイツ国立ライプツィヒ音楽大学マスターコースを受講。 ミュージックステーション、紅白歌合戦、HEY!HEY!HEY! 、MUSIC JAPAN、月光音楽団などの音楽番組にて上戸彩、GLAY、EXILE、長瀬智也(TOKIO)、HYなどのサポートミュージシャンを務める。

  4. 三原愛里 【バイオリン】

    東京音楽大学卒業。 チョンミョンフン指揮選抜オーケストラ参加。ユリアンナ・アヴデーエワ共演。 オーケストラ、室内楽演奏会、May.j等のアーティストライブサポート、レコーディング、ミュージックステーションでのバックミュージックTV出演、 様々なアーティストのPV出演等を経験。

  5. 中川貴美子 【バイオリン】

    東京芸術大学卒業。同大学院修了。 第4回パブロ=サラサーテ国際ヴァイオリンコンクールにて、ディプロマ賞。 NHK FMリサイタル、N響メンバーとの室内楽シリーズ(2003年:浜離宮朝日ホール)などに出演。 ヴァイオリンを鷲見四郎、徳永二男、加藤知子、田中千香 士、堀正文、レジス・パスキエの各氏に師事。

  6. 木下麻里 【バイオリン】

    国立音楽大学卒業。現在、桐朋学園大学ディプロマコース修了。 在学中、ジェラール・プーレ氏の公開マスタークラスを受講。 また、国内外研修奨学生に選抜され、霧島国際音楽祭に参加。 「のだめカンタービレ♪」やソニー・エリクソン ケータイCM等に出演。

  7. 韮澤 有 【チェロ】

    桐朋学園大学音楽学部卒業。同大学院大学修士課程修了。 桐朋オーケスラ・アカデミー研修課程修了。 1998年日本クラシック音楽コンクール本選参加。 第11回札幌ジュニアチェロコンクール奨励賞受賞。 第42回国際芸術連盟新人オーディション奨励賞及び審査員特別賞受賞。

  8. 濱川夏楠 【バイオリン】

    東京都立芸術高等学校音楽科を経て、東京学芸大学芸術スポーツ文化課程音楽専攻に進学。 大学卒業後、桐朋学園大学音楽学部研究科に籍をおく。 第10回ブル クハルト国際音楽コンクール審査委員賞、第21回全日本ジュニアクラシック音楽コンクール全国大会最高位、第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会 入選。

  9. 小林万理能 【バイオリン】

    桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)、桐朋学園大学音楽学部卒業。第6回全日本芸術コンクール第3位。第7回ベーテン音楽コンクール入賞。2014年モーツァルテウム音楽大学夏季国際音楽アカデミーに参加。ヴァイオリンを西田和子、辰巳明子、恵藤久美子各氏に師事。

  10. 生沼晴嗣【ビオラ】

    元読売日本交響楽団ソロヴィオラ奏者。 東京芸術大学付属高校を経て、1970年同大学卒業後、日本フィルハーモニー交響楽団に入団。1978年退団。 古典 音楽協会室内合奏団、東京ゾリステン室内合奏団を経て、1976年より、巌本真理弦楽四重奏団にて活躍。 日本大学芸術学部講師。武蔵野音楽大学講師。

  11. 常富沙智子 【バイオリン】

    桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)、桐朋学園大学音楽科を卒業。同大学研究科を修了。 毎日音楽コンクール北海道大会金賞。 STV音楽コンクールSTV 賞。 第14回クラシック音楽コンクール全国大会入選。 ヴァイオリンを小澤郁子氏、福島紫氏、山口裕之氏らに師事。また室内楽を松波恵子氏、徳永二男氏、山 口裕子氏、山口裕之氏に師事。

  12. 児玉千佳 【チェロ】

    名古屋市立菊里高校音楽科を経て、東京芸術大学音楽学部卒業。 東京芸術大学大学院修士課程修了。 大学在学中ザルツブルグ、モーツァルティウムサマーセミナーにて、ネル・ソヴァ女史に師事。 チェロを林良一、李柔美、レーヌ・フラショー、三木敬之の各氏に師事。

  13. 森田麻優 【バイオリン】

    東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、同大学音楽学部器楽科卒業。 大阪国際音楽コンクール第1位、全日本学生音楽コンクール第3位、日本クラシッ ク音楽コンクール全国大会審査員特別賞受賞等数々のコンクールで入賞。 小野アンナ記念会特別演奏会、期待される若き音楽家の集いなど多数の演奏会に出演。

  14. 武井英哉 【チェロ】

    桐朋学園大学音楽学部を経て、同大学研究科を修了。 第2回アルゲリッチ音楽祭に桐朋学園オーケストラ首席奏者として同行。 在学中、長野アスペン音楽祭で奨励賞を受賞し米国アスペン音楽祭に派遣される。 諏訪交響楽団とエルガーのチェロコンツェルトを演奏。

  15. 伊藤瑳紀 【バイオリン】

    桐朋女子高等学校音楽科を経て桐朋学園大学音楽学部4年在学中。第23回日本クラシック音楽コンクール全国大会大学女子の部第5位。第17回長江杯国際音楽コンクール弦楽器部門第2位。第16回日本演奏家コンクール大学部門特別賞受賞。第9回ベーテン音楽コンクール全国大会大学部門第1位。第4回kジュニア&学生音楽コンクール大学の部第3位。

  16. 石亀希実 【バイオリン】

    東京音楽大学器楽科卒業。 卒業後、読売日本交響楽団等の在京プロオーケストラで客演を務めるほかスタジオワークにも取り組んでおり、矢沢永吉・桑田圭祐等J-POPアーティストのサポートや、音楽番組、PV、映画、CM曲のレコーディングなどに多数出演。

  17. 斎藤章一 【チェロ】

    12才より叔父の斎藤鶴吉(元NHK交響楽団)よりチェロを習う。 東京芸術大学卒業。同大学院修了。 小澤征爾指揮 新日本フィルのヨーロッパツアーに参加。 レニングラード国立歌劇場管弦楽団に参加。 東京ニューシティー管弦楽団首席チェロ奏者。

  18. 竹田樹莉果 【バイオリン】

    数々のコンクールで賞を受賞。2015年金沢チェンバーアンサンブルのメンバー、2016年オーケストラ・アンサンブル金沢祝祭管弦楽団としてラフォルジュルネ金沢に出演。琳派400年記念コンサート「舞楽仏」にてタップダンサーのHIDEBOH、紫派藤間流師範の藤間信乃輔らと共演。

  19. 和泉晶子 【バイオリン】

    桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部4年に在学中。万里の長城杯第2位、蓼科音楽コンクール第2位、近現代音楽コンクール銀賞、大阪国際コンクールコンチェルトオーデション第3位、全日本ジュニアクラシック音楽コンクール第1位受賞等数々のコンクールで入賞。レパートリーは、クラシック、ジブリ、ディズニー、アニメ、日本の歌、ミュージカルなど幅広い。

  20. 高木早紀 【バイオリン】

    国立音楽大学付属高等学校音楽科を経て、東京音楽大学音楽学部卒業。同大学院修了。 短期留学奨学生として英国王立音楽院で学ぶ。 第6回横浜国際音楽コンクール第二位(第一位なし)。 2013年のリサイタルでは震災がれきの流木から出来た「震災ヴァイオリン」を演奏。「千の絆プロ ジェクト」の133人目の奏者となる。

  21. 清水英里子 【バイオリン】

    桐朋学園大学卒業。霧島国際音楽祭などをはじめ国内外音楽祭に参加。 全日本ジュニアクラシック音楽コンクール審査員特別賞受賞。 サントリーホールにて受賞 者コンサートに出演。 ウィーンへ短期留学の際、ハイドンハウス演奏会出演。 アーティストのストリングスサポートとしてMUSIC STATIONなど多数音楽番組やPV、LIVEに出演。

  22. 小神野りえ 【ビオラ】

    東京音楽大学付属高等学校卒業。桐朋学園大学音楽学部演奏学科ヴィオラ科卒業。 Orchestra Tactus、サンタンジェロフィルハーモニー管弦楽団、メロス管弦楽団、他、数々のオーケストラの主席をつとめる。 ウィーン国立音大アカデミーマスタークラス終了。

  23. 上原美喜子 【バイオリン】

    9歳で全日本学生音楽コンクール東京大会に於いて2位。 女子学院中学校、高校へ進み、15歳で江藤俊哉ヴァイオリンコンクールジュニアアーティスト部門において1位。 東京シティフィルと協演し、サンサーンスのコンチェルトを演奏。

  24. 水野紗希 【バイオリン】

    桐朋学園大学音楽学部卒業。 これまでに室内楽を小林健次、北本秀樹、中川賢一、徳永二男に師事。 1994~2003年名古屋青少年交響楽団在籍。 万里の長城杯国際コンクール第1位。 江藤俊哉ヴァイオリンコンクール入選。

  25. 行本康子 【チェロ】

    桐朋学園大学音楽学部卒業。 2008年、ウィーン夏期国際音楽ゼミナールに参加、受講者コンサートに出演。 同年、サイトウ・キネンフェスティバル松本「青少年のためのオペラ」出演。

  26. Cello Quartet 結 【チェロ四重奏】

    女性チェロ奏者4名によるチェロ四重奏。 演奏を機会に、縁がどんどん広がって結ばれていくことをイメージし「Cello Quartet 結」と名付けられる。 クラシックを中心に、映画音楽など様々なジャンルの楽曲を演奏。

  27. 武市真奈 【バイオリン】

    高松第一高等学校音楽科を経て、東京音楽大学音楽学部器楽学科ヴァイオリン専攻を卒業。第1回徳島音楽コンクール弦楽器部門高等学校の部銀賞受賞。2007年台湾にて日・台友好演奏会に出演。2012年全日本選抜ユースオーケストラとしてウィーン演奏旅行に参加。

  28. 竹林真弓 【バイオリン】

    東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、東京芸術大学音楽学部を卒業。 第三回ソリストコンテストにて奨励賞受賞。 モーツァルト・アンサンブル・オーケストラ特別演奏会にてモーツァルトのヴァイオリン協奏曲の独奏をつとめる。 2002年、2007年、音楽の友ホールにてリサイタルを開催。好評を博す。

  29. 石川可奈子 【ビオラ】

    東京音楽大学付属高等学校卒業。 東京音楽大学を経て同大学院修士課程修了。 小林研一郎指揮のもと2012年東京音楽大学ヨーロッパオーケストラ公演に参加。 チョン・ミョンフン指揮「リゴレット」公演、広上淳一指揮「ラ・ボエーム」公演に参加。

  30. 藤原 望 【バイオリン】

    桐朋学園大学院大学修士課程修了、アムステルダム国立音楽院修士課程に留学。 11歳でポーランド国立クラクフ管弦楽団と協奏曲共演。 アムステルダムコンセルヴァトワールオーケストラ第2ヴァイオリン首席奏者に抜擢され、アムステル ダム、ロッテルダム、ライデン、アイントホーフェン等オランダ各地へ演奏ツアー。

  31. 上保朋子 【バイオリン】

    桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部演奏学科を卒業。 1996年、イタリア ベルーノ国際音楽祭にて、ベルーノオーケストラとモーツァルトの協奏曲を共演。 2000年、日本モーツァルトコンクール東京大会入選。 WAO弦楽四重奏団 第1ヴァイオリン奏者。

  32. ルミナスカルテット 【弦楽四重奏】

    埼玉県立大宮光陵高校音楽科の卒業生により2014年に結成された弦楽四重奏団です。埼玉県を基点に、未就学児から大人まで楽しめるコンサートを開催しております。

  33. 志村知里 【バイオリン】

    桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学卒業、及び同大学研究科修了。 第6回日本クラシック音楽コンクール高校の部第3位入賞。 2009、2010年 には、バルカン室内管弦楽団、国交樹立記念のコソボフィルハーモニー交響楽団日本公演ツアーに、日本人メンバーとして参加。 WAO弦楽四重奏団 第2ヴァイオリン奏者。

演奏家カテゴリー

声楽
弦楽器
クラシックギター
ハープ
管楽器
ピアノ
打楽器
指揮
和楽器
和太鼓
ジャズ
フラメンコ
ハーモニカ
アコーディオン
オカリナ
パンフルート
ハワイアン
ラテン音楽
ヨーデル
二胡
音楽ユニット
作曲・編曲
オーケストラ
雅楽

ご葬儀(お葬式)での生演奏
パンフルートの販売
お問い合わせ
クライスチャンネル
facebookページ

7月
23
7:30 PM 浅野衣美・藤原新治ピアノコンサート @ 川口総合文化センター リリア「音楽ホール」
浅野衣美・藤原新治ピアノコンサート @ 川口総合文化センター リリア「音楽ホール」
7月 23 @ 7:30 PM
浅野衣美・藤原新治ピアノコンサート @ 川口総合文化センター リリア「音楽ホール」 | 川口市 | 埼玉県 | 日本
ハンガリー国立リスト音楽院修了のピアニスト2人がお送りする熱狂の2台ピアノプログラムのコンサートです。 埼玉県出身の2人にとって縁の深い川口市のリリア音楽ホールにて、初のジョイントコンサートとなります。 2人の得意とするリストはもちろん、現代作品にも意欲的に取り組みます。 それぞれのソロプログラムも必聴です。 華麗な技巧と熱い表現を是非お楽しみください。 ホルストの木星、リストのハンガリー狂詩曲第2番、有名オペラ「カルメン」をローゼンブラッドアレンジのしびれるサウンドでお届けします。 両名のソロもありの豪華プログラムです。 皆様是非お越しください。 ◆浅野衣美(ピアノ) 2008年武蔵野音楽大学器楽学科ピアノ専攻卒業。 在学中、福井直秋記念奨学生に選出。 2008年より2011年までハンガリー国立リスト音楽院に留学。 ハンガリーにてソロの他、室内楽、伴奏においても積極的に活動し、多数の演奏会に出演。 また同音楽院在学の傍ら、現地の子供への指導や、コダ―イ音楽研究所(ハンガリー、ケチケメート)のセミナーに参加する等、幼児音楽教育についても研鑽を積む。 第2回 国際ヤングミュージシャンコンクール”アントニオ・サリエリプライズ”(イタリア、レニャーゴ)第2位(1位なし、最高得点獲得)。 第19回 国際ピアノコンクール”ローマ2009″(イタリア、ローマ)第2位。 第20回 国際ヤングミュージシャンコンクール”チッタ ディ バルレッタ”(イタリア、バルレッタ)第3位。 第3回 全日本芸術コンクール 第1位。他、ソロ、室内楽、伴奏等の部門にて受賞多数。 2011年 ブダペストにて、ハンガリー国立オペラ・ファイロニ室内オーケストラと共演。 これまでにピアノをファルヴァイ・シャーンドル、ラントシュ・イシュトヴァーン、田代慎之介、本野洋子、橋口三枝子の各氏に、室内楽をバーンレービ・アンタル、デヴィッチ・シャーンドル、ボトヴァイ・カーロイの各氏に師事。 また、ヨーロッパ内の多数のセミナー、講習会に参加。 リーリャ・ジルベルシュテイン、ミハエル・ボスクレセンスキー、ミハエル・オレネフ、アレクサンダー・ロスラー、クリストファー・エルトン、ウィリアム・フォング、マルタ・グヤーシュ、ルイス・フェルナンド・ペレスの各氏の薫陶も授かる。 現在、演奏活動の傍ら、インターナショナルスクール等にて後進の指導にもあたる。 ◆藤原新治(ピアノ) 1992年3月25日生まれ 父は日本人、母は中国人の家庭に生まれ、音楽家である母の指導の下3歳からピアノを始める。 東邦音楽大学付属中学・高校を卒業後、2010年から単身ハンガリーに渡りハンガリー国立リスト音楽院にて学ぶ。 留学中ハンガリー政府より国費奨学金Stipendium Hungaricumを授与される。 6年間の研鑽の後、2016年6月に同学大学院修士課程を最優等の成績で卒業。 日本とハンガリー両国にまたがって音楽活動を展開している新進ピアニストである。 イタリアイスキア国際ピアノコンクール優勝他多数。 演奏活動に力を入れており、日本ハンガリー友好コンサートへの出演やブダペスト市内にある国民的作曲家であるべーラ・バルトーク旧邸宅でのサロンコンサートにおいては毎年招かれ、毎回の演奏会は大好評を博している。 この演奏会の模様は地元テレビ局にも取り上げられた。 チェコ共和国においてもソロ・室内楽コンサートを多数行っている。 リスト音楽院大ホールにてラ・フォル・ジュルネ音楽祭での来日演奏が話題となったConcert Budapestと若手指揮者金井俊文と共にラヴェルのピアノ協奏曲ト長調を演奏し好評を博す。 2015年12月には川口リリア音楽ホールにてオールリストプログラムによるデビューリサイタルを行った。 これまでに志賀道江、小山未帆、太田幸子、ラントシュ・イシュトヴァーン、ヤンドー・イェヌー、グヤーシュ・マールタ各氏に師事。
ページ上部へ戻る