高木早紀(バイオリン奏者)

弦楽器

高木早紀(たかぎさき):バイオリン奏者

高木早紀 バイオリン奏者福島県福島市出身。
2歳からピアノ、4歳からヴァイオリンを始める。

国立音楽大学付属高等学校音楽科を経て、東京音楽大学音楽学部卒業。同大学院修了。

在学中、オーディション合格者による演奏会に出演。
また、同大学短期留学奨学生として英国王立音楽院で学ぶ。

第6回横浜国際音楽コンクール第二位(第一位なし)。
第22回日本クラシック音楽コンクール全国大会第五位(第一位~第三位なし)。

ヴァイオリンを保井頌子、大谷康子、海野義雄の各氏に、室内楽を横山俊朗、浦川宣也の各氏に師事。

2011年1月、2013年4月、福島市に於いてソロリサイタルを行う。
2013年のリサイタルでは震災がれきの流木から出来た「震災ヴァイオリン」を演奏。
「千の絆プロジェクト」の133人目の奏者となる。

現在、都内を中心に演奏活動をする傍ら、後進の指導にも力を入れている。
日本演奏連盟会員。

PAGE TOP